この星の格闘技を追いかける

【BFC28】反則ヒザがノーペナ、燻銀クレメンティ敗れる

2010.09.10

<ライト級/5分3R>
リッチ・クレメンティ(米国)
Def.3R終了/判定2-1(29-28、29-28、28-29)
ケーリー・ヴェニアー(米国)

地元ルイジアナのファンから、大きな声援が送られるなか、試合開始早々にクレメンティは右ローからテイクダウンを決める。パスを嫌い、アームロックを仕掛けたヴェニアーからクレメンティは簡単にマウント、バックグラブの態勢を取る。そして、4の字フックに組み換えフェースロック気味にチョークを仕掛ける。

腰が伸びないよう耐えるヴェニアーは、右腕をキャッチし、脇をくぐろうとするも、ここで背中が伸びてしまう。タートルに戻ったヴェニアー、再び背中を伸ばされてなお、首だけはしっかりと守っている。と、ここでケージを蹴り上げたヴェニアーが胸を合わせることに成功した。

ラウンド序盤とは反対にアームロックで耐えようとしたクレメンティは、ここで腕十字を仕掛けるが、ヴェニアーが腕を引き抜き立ち上がる。スタンドで待つヴェニアーに対し、クレメンティも立ち上がったところで初回が終了する。


2R、スタンスの広いヴェニアーに、低い姿勢から左ハイを見せたクレメンティだが、これは空振りに。サウスポーの構えから右ローを蹴り込むクレメンティ、ヴェニエーもボディで反撃を試みる。右ローを放ったヴェニアーに組みついたクレメンティは、シングルレッグでテイクダウンを奪う。さらには立ち上がろうとしたヴェニアーのバックに回ると自ら後方に倒れ込む。

しかし、ここでヴェニアーに態勢を入れかえられ、ガードを強いられたクレメンティ。必死にエビからスペースをつくり、フラワースイープの要領でバランスを崩すと、足を抱き上げ立ち上がる。ヴェニアーの蹴り足を掴み、シングルからテイクダウンを狙ったクレメンティ。ヴェニアーはギロチンを仕掛け、トップを奪うと、さらにアナコンダで絞めあげる。

首を引き抜いたクレメンティがバックへ回ろうとすると、右手をヒザ裏、さらに腰に回したヴェニエーは、クレメンティを抱えあげて、再びテイクダウン。トップをキープした状態で、このラウンドの終了を迎える。

最終回、これまでの裁定は十分にイーブンであることも考えられ、両者とも落とせない5分となる。左ストレートを伸ばしたヴェニアー、左ハイにテイクダウンを合わされそうになるも、ここでもギロチンで迎え撃つ。ダースチョークの要領でトップを維持するヴェニアーは、そのままバックに回るが、クレメンティは前転しガードを取る。

自ら立ち上がったヴェニアーは、テイクダウン狙いのクレメンティのボディにヒザを見舞い、体がやや伸びたクレメンティの腰をコントロールし、逆にテイクダウン、バックを奪う機会をうかがう。その後、バックを奪ったヴェニアーは、スイッチに失敗し、立ち上がろうとしたクレメンティの顔面にヒザを突き上げる。2発ヒザを蹴り上げたところで、明らかにダメージを与えたが、ここで左手をマットについたクレメンティに続けてヒザを放ってしまう。

手をついた時点で、グラウンドポジションとみなされ、顔面へのヒザ蹴りは反則となるが、勢いそのまま放たれたニーで、クレメンティは右目尻を大きくカット、鮮血が滴り落ちる。レフェリーからグラウンドポジションというコールがなかったため、クレメンティのバックに回っていたヴェニアーには、クレメンティの左手は見えなかった。

クレメンティは傷をワセリンでふさがれた状態で、試合再開を迎えたが、ダメージが残っているのは明らかだ。加えて、再び傷に打撃が当たれば、カットした部分が開くのも自明の理。

すると再開後、ヴェニアーは打撃ではなく、すぐにテイクダウンを狙い組みついて行く。ここでクレメンティはギロチンからジャンピングガードへ。グラウンドへ引き込み、ガードを取るクレメンティに対し、打撃を見せないヴェニアー。クレメンティは向き合って立ち上がるが、バックを奪ったヴェニアーの投げを避けるように後方回転から、再びガードの態勢に。ここで再開後、初めてパウンドを見せたヴェニアーが、がぶりの態勢からギロチンを仕掛け、トップを奪ったところでタイムアップとなった。

グラウンド状態のヒザ蹴りには結局、ペナルティは与えられず、判定の結果はスプリットでヴェニアーが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday