この星の格闘技を追いかける

【UFN37】ギラードの戦法に不快感示すも、ジョンソン判定勝ち

2014.03.09

<ライト級/5分3R>
マイケル・ジョンソン(米国/14位)
Def.3-0: 30-27, 30-27, 29-28
メルヴィン・ギラード(米国)

左ミドルから左ストレートを伸ばすジョンソン、さらに左ハイを見せる。距離を取るギラードが左から右を放つ。ジョンソンの左にギラードが左ヒザを突き上げる。ジョンソンは右ローから左ミドルへ。ギラードの右をステップバックし、左ローを放つ。この蹴りが急所に入り、ギラードがしゃがみ込む。再開後、ジョンソンは右ローを入れ、左ストレートをヒットさせる。下がったギラードが間合いを取り直し、右を伸ばすも届かない。

逆にジョンソンは右ジャブから左ボディストレートを打ち込み、優勢に試合を進める。左の前蹴りから右フックを伸ばしたギラード、左ストレートを逆に被弾する。ジョンソンのテイクダウン狙いは決まらず、再び打撃戦に。ジョンソンのローにギラードが右を合わせるも、直後に左ストレートを打ち込まれる。残り75秒、間合いが遠いギラードにジョンソンが「前に来い」とアピール。しかし、直後にギラードの右フックを受けて組みに逃げることに。再び距離を取り直すと、ジョンソンは遠い位置からハイキックを空振る。終始待ちの姿勢のギラードにイライラを隠せないジョンソンだった。

2R、ジョンソンの左ミドルは空振りに。ギラードも右前蹴りを繰り出す。左をヒットさせたジョンソン。左インサイドローから、続くミドルはギラードがよける。パンチを打つ際にやや姿勢が乱れ、踏み込みが甘くなりつつあるジョンソンは、振り回すようなパンチが多くなる。ギラードの右フックに左フックをかわしたジョンソンは左右のローを続け、両手を広げて「来い、来い」とアピールする。やや距離を詰めたギラードに鋭い左ローから、右ロー。さらにヒザを狙おうとするが、これはギラードが察知する。ダブルレッグを失敗したジョンソンは左ミドルをヒットさせるも、ギラードを追い切れない。と、左フックを打ち込んだジョンソン。続くラッシュから首相撲&ヒザ、さらにパンチを受けたギラードが一瞬、腰が落とす。

最終回、ジョンソンがテイクダウンを奪うもすぐに試合はスタンドに戻る。以前と、遠い距離に陣取るギラードにローから突破口を開こうとするジョンソン。下がってカウンター狙いのギラードに対し、ジョンソンはしゃがんで挑発。左のダブルから前に出る。と、左ストレートを打ち込んだジョンソンが、シングルレッグへ。ここはギラードが耐えて、間合いを取り直す。ギラードがようやく前に出てくると、右ストレートを打ち込んだジョンソン。その後の乱打戦のなかで目に指が入ったとアピールするギラードだが、レフェリーが流す。

ここで組みにいったジョンソンが左エルボーから、ワンツーを打ち込む。残り30秒、遠い距離を取ったジョンソンは、試合終了直後にもギラードの戦法について非難の声を挙げたが、問題なく判定勝ちを手にしている。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie