この星の格闘技を追いかける

【ONE107】和田竜光、DJに敗れた地マニラでの復帰戦は、ブラジルのデルフィーノに完封勝利

Wada【写真】見事なタイミングの小外刈りにマニラのファンがわいた(C)MMAPLANET

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
和田竜光(日本)
Def.3-0
イヴァニウド・デルフィーノ(ブラジル)

開始早々、前に出るデルフィーノに対し、距離を保つ和田。デルフィーノは和田の右ローの打ち終わりに右ストレートを合わせる。デルフィーノのシングルをカットした和田は、相手をケージに押し込みながらワキを差し、足をかけてテイクダウンを狙う。これを防いだデルフィーノを押しつぶし、トップを奪う和田。足を利かせるデルフィーノの顔面へ、和田がパンチを振るう。デルフィーノは和田の左足を両足でロック。和田はそのデルフィーノの顔面にパンチとヒジを落としていく。一度離れて、再び相手のガードに入った和田は、右のパンチとヒジ。腰を上げてケージに押し込み、コツコツをパンチを打ち込んでいく。和田のエルボーに対して、顔をそむけるデルフィーノ。和田がハーフガードをとる相手にヒザとパンチを当てて1Rを終えた。

2R、デルフィーノのローをバックステップでかわした和田が、反対にカーフキックを当てる。いきなりの右をクリーンヒットさせた和田、デルフィーノの動きが一瞬止まる。相手をケージに追い込んだ和田は、組みついてテイクダウンを狙う。なかなか倒れない相手の足に、ヒザを打ち込む和田。首相撲から相手のボディにもヒザを当てていく。さらに首相撲から右ヒジ。デルフィーノも右ヒジを返す。和田は差し合いからダブルレッグに切り替えて、テイクダウンに成功し、パンチとヒジを落とす。このラウンドも和田が良いポジションのまま終えた。

最終R、いきなり首相撲に持ち込んだ和田。相手をケージに押し込み、頭を付けながらヒザを打つ。そして右の差し上げからデルフィーノの反応を見て小外刈りでグラウンドに持ち込んだ和田に対し、デルフィーノもすぐに立ち上がる。ここで和田は再び首相撲からケージに押し込んでいく。またも小外で倒した和田は、しっかりトップをキープ。相手の顔面にヒザとパンチを打ち込む。デルフィーノもパンチとヒジを浴びながら、足で和田をロックしようとするも、すぐに身体を抜いた和田がトップを保つ。下から和田を抱え込むデルフィーノ。残り30秒を切ったところで、和田がヒザと鉄槌を連打しながら試合終了のゴングを聞いた。

判定は文句なく、ユナニマスで和田。
前回DJに敗れた地マニラで、復帰戦を完勝で飾った。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie