この星の格闘技を追いかける

【UFC105】ビスピン&ハーディ、英国の威信をかけた一戦

(C) MMAPLANETマンチェスターのイブニングニュース・アリーナで14日(土・現地時間)に開催されるUFC105「COUTURE vs VERA」。今年3度目の英国大会は米国内でのPPV中継はなく、SPIKETVでのペイフリー放映ということもあり、メインカードには、TUF出身の英国勢ファイターが勢揃いしている。

【写真】TUFシーズン3優勝、ミドル級世界王座を狙うマイケル・ビスピンは地元にほど近いマンチェスターで復帰戦を迎える (C) MMAPLANET

「世界中の人が見ている、最も注目された大会でKO負けしたんだ。その事実は隠せるものじゃない。僕はKOで敗れた。この負けを帳消しにするファイトが必要だ。ハードトレーニングを積んで、100%の体調でデニス・カーンを徹底的にやる」とマイケル・ビスピン。7月11日、UFCにとって記念すべき100回大会でTUFシーズン9コーチ対決として行なわれたダン・ヘンダーソン戦で失神KO負けを喫した彼は、地元リバプール・エリアから1時間ほどのマンチェスターというホームで復帰を期す。


その地元開催がビスピンにとってのディスアドンバージになる語るのは、対戦相手のデニス・カーンだ。「地元のファンの前で、最大の注目を集める舞台で、KO負けからの復活を印象つける試合をしないといけない。僕よりずっとプレッシャーが多い中で戦うことになる。僕は右のパンチに自信を持っている。しっかりと自分の力を見極める試合になる」とカーン。

(C) ZUFFA【写真】UFCではそれほど目立った存在になっていないカーンにとって、TUF優勝者との今回の対戦は大きなチャンスでもある (C) ZUFFA

PRIDE時代のような際だった強さをオクタゴンでは、まだ発揮できていないカーン、その1勝1敗のUFC戦績は、7勝2敗というビスピンのソレと比較し、そのまま認知度の差に繋がっている。

意外にもオールラウンダーなピスピンは、レスリングやグラップリングなど、MMAに必要な知識を豊富に有しており、柔術やボクシングと、MMAと切り離した部分でスキルアップをしていたカーンの世代と比較しても、それぞれの技術に融合性が目立つ。

英国~TUFという最短距離でキャリアを重ねてきたビスピンに対し、カナダ、韓国、日本、ロシアで45戦になろう経験をカーンは積んできた。その分、彼にはダメージの蓄積があるという見方もできるが、ビスピンも前回のKO負けによって、どれだけ耐久力を維持しているかは疑問だ。

スタンドキープを軸とした最先端MMAを忠実に実行するビスピンと、いかなる局面でも攻め重視でやってきたカーンのミドル級戦、勝負の行方を占うのは困難な一戦だ。

Hardy(C) MMAPLANET【写真】草の根からの叩き上げダン・ハーディは、TUF英国人ファイター達とは一味違う幅の広いファイトが武器だ (C) MMAPLANET

ビスピンがTUFシーズン3優勝、その彼がコーチを務めたシーズン8のライト級を制したロス・ピアソンや、ミドル級優勝者ジェイムス・ウィルクスら英国産TUFファイターの名前が連なる今大会のメインカード。そのなかには、ダン・ハーディの名を見ることができる。

UFCデビュー以来3連勝中の彼は、母国ケージウォリアーズや日本のケージフォースでキャリアを積んだ叩き上げで、途中オランダの2H2HでPRIDE出場を掛けたトーナメントで敗北を喫するなど、紆余曲折を経てスターダムにのし上がってきた。

ケージフォース来日時は、スタンド中心でレスリングに難があるファイターとして、ノーマークの存在だったが、エディ・ブラボー門下10thプラネット柔術での出稽古の効果により、卓越したガードワークを披露するようになった。

UFC出場を果たした後は、レスリングでも力をつけており、名前先行のTUF9ファイターよりも確かな実力を有しているといえる。そのハーディを「僕の方がオールラウンダー。打撃でも寝技でも、どういう試合展開になっても問題ない」と切って捨てたのが、対戦相手のマイク・スウィックだ。

Swick(C) MMAPLANET【写真】日本での知名度は依然として高くはないが、ウェルター級王座挑戦直前にあるマイク・スウィック。ジョン・フィッチ、ジョシュ・コスチェックと並ぶAKAウェルター級三羽烏だ (C) MMAPLANET

本来は9月のUFC103でマーティン・カンプマンと対戦し、勝者がGSPへの次期挑戦権を得る予定だったが、負傷欠場。代役出場となったポール・デイリーが、UFC初戦でカンプマンをTKOで下したことにより、ウェルター級挑戦権争いは仕切り直されることとなった。

そのデイリーのジムメイトで8年来のトレーニング・パートナーがハーディで、今大会では韓国のキム・ドンヒョンとの対戦が組まれていたが、今度はドンヒョンの負傷でスウィック戦が実現。タイトル戦線に一気に浮上する対戦を母国で迎えることになった。

元々はミドル級のスウィック、TUFシーズン1ファイターでUFCでも実は9勝1敗という好成績を残している。一方ハーディはライト級から階級を上げてきたファイターだが、格闘技一本の生活となり、充実したトレーニングを続けることで、通常体重では90㎏近くになったという。

体格のハンディはあまり感じられないが、スウィックのリーチはハーディを苦しめることになるかもしれない。UFC人気の爆発で、米国以外でもその恩恵を最も受けたといえる英国MMAワールドを代表する実力者ビスピン&ハーディ、世界最高峰の舞台に辿りついた道のりは対象的な二人だが、タイトル挑戦権獲得に向け、落とすことのできない試合に挑む。

<UFC Ultimate 100 Greatest Fights DVD>

遂に発売!超豪華8枚組、UFCベストファイト集DVD!収録時間は、驚きの約1600分(26時間)で売り切れ必至!!!
輸入盤8枚組DVD/リージョンフリー

■UFC105「COUTURE vs VERA」対戦予定カードは下記の通り

<ライトヘビー級/5分3R>
ランディ・クートゥアー(米国)
ブランドン・ベラ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ダン・ハーディ(英国)
マイク・スウィック(米国)

<ミドル級/5分3R>
デニス・カーン(カナダ)
マイケル・ビスピン(米国)

<ウェルター級/5分3R>
マット・ブラウン(米国)
ジェイムス・ウィルクス(英国)

<ライト級/5分3R>
ロス・ピアソン(英国)
アーロン・ライリー(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ポール・テイラー(英国)
ジョン・ハザウェイ(英国)

<ライト級/5分3R>
シャノン・グジェルティ(米国)
テリー・エティン(英国)

<ウェルター級/5分3R>
マット・リデル(米国)
ニック・オシベチェック(英国)

<ライト級/5分3R>
ポール・ケリー(英国)
デニス・シバー(ドイツ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ジャレッド・ハマン(米国)
アレクサンダー・グスタフソン(スウェーデン)

<ライト級/5分3R>
アンドレ・ウィナー(英国)
ロナルド・デルガド(米国)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie