この星の格闘技を追いかける

【Bellator218】徹底して組み&抑え狙いのカラキャニャンは、サンチェスに判定負けでリベンジならず

<フェザー級/5分3R>
エマニュエル・サンチェス(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ジョージ・カラキャニャン(米国)

サンチェスの左ローにパンチを伸ばすカラキャニャン。中間距離でパンチを交換するなかで、サンチェスのローにカラキャニャンがシングルレッグでテイクダウンを取り切る。スクランブルでなくガードを選択したサンチェスが下からエルボーを当てていく。頭を胸につけてパンチを当てるカラキャニャンはサンチェスが腰をきってきても、しっかりと対応する。

ハイガードからオモプラッタを仕掛けたサンチェスは、三角に戻してスクランブルを狙うが、カラキャニャンが腰をコントロールしてトップをキープする。足を一本抜いたカラキャニャン、サンチェスが足を戻す。残り30秒を切り、カラキャニャンがボディ&顔面へ勢いをつけたパンチを振り落とすなか初回が終わった。

2R、ワンツーで前に出たサンチェスの前蹴りをキャッチしたカラキャニャンがテイクダウンを決める。ケージを背にして立ち上がろうとするサンチェスは、頭を押して立ち上がろうとする。アンクルピックのカラキャニャンに対し、サンチェスはスイッチを狙いつつパンチを打っていく。スプロールしたサンチェスのエルボー攻撃も、動きが止まりレフェリーがブレイクを掛ける。

スタンドの打撃戦のなかでヒザ蹴りを見せたカラキャニャンを潰したサンチェスが、バックコントロールからパンチを入れワンフックへ。上を向きながら両足をフックしたサンチェスが、カラキャニャンに正対することを許さない。パンチから絞め狙いのサンチェスの手首を掴んでカラキャニャンが耐える。後方からのパンチと、後方へのパンチが行き交うなかサンチェスのポジションキープが続く。そのままタイムアップとなり、サンチェスがラウンドを取り返した。

最終回、ワンツーで前に出るサンチェス。カラキャニャンは左フックを返して、ダブルレッグからドライブしてケージに押し込む。アンクルピックでテイクダウンを狙うカラキャニャンに対し、サンチェスは体を捻って耐える。執拗にダブル、アンクルピック、ボディロックと背中をつかせようとするカラキャニャン。サンチェスはスイッチ狙いも、ケージに押し込まれた状態が続き、ついにアンクルピックで尻もちをつかされる。ここからダブルレッグのカラキャニャンだが、レフェリーがブレイクを命じる。

かかと落としのサンチェスにテイクダウンを仕掛けたカラキャニャンは、スプロールしきれなかったサンチェスを抱え上げて、テイクダウンへ。背中を譲りながらスクランブル狙いのサンチェスは、バックマウントを取りに来たカラキャニャンに対して正対してトップを奪取。パンチを入れるサンチェスは、足関節狙いに体を捻って立ち上がる。

ここで立ち上がることができなかったカラキャニャンは、サンチェスの鉄槌攻撃に額を当てて舌を見せる。シングルレッグでリバーサルを狙ったカラキャニャンのバックに回り、サンチェスが両足をフックしかけたところでタイムアップに。

スクランブルでバックを狙わず、テイクダウンにこだわったカラキャニャンの判断は凶となり、ジャッジは3者とも29-28ともサンチェスを支持した。「ここにはノックアウト、フィニッシュしにきたんだけど、申し訳ない。ヤツは組んで固めて、フェンスに押し付け、押し倒しに来た。そんなんじゃファイトは勝てない。マッキーとカランのウィナーを待っている。俺はまだハングリーなんだ」と勝者は話した。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday