この星の格闘技を追いかける

【Brave Fight18 & Grachan39】ブレイブ10周年大会、メインに芦田崇宏が出場。「もう1回上を目指す」

Iwasaki, Ashida & Miyata【写真】現在の心境が表れているように、芦田の表情は終始厳しかった(C) MMAPLANET

14日(月)、東京都渋谷区のTokyo Fight Club Bar&Show Restaurantで3月10日(日)に大田区の大田区作業プラザPIOで開催されるBrave Fight18 & Grachan39の記者会見が行われた。


Brave設立10周年記念大会となる今大会の会見では、まず昨年大晦日のRIZINで現役引退となった宮田和幸ブレイブ代表とグラチャン岩崎ヒロユキ代表、さらにグラチャン審判部長の山崎明氏が席に着き、山崎氏より今後グラチャンの3回戦ではラウンド・マストが採用される発表があった──5分✖2R戦では従来通り、全体の印象点で優劣を決まる──。

続いて宮田代表より「年に1度、グラチャンと組んで都内で大きな大会を開き、それ以外は下の世代のアマチュアを育成する大会を原点にかえって三郷で開いていきたい」というブレイブ・ファイトの方向性が語られ、下記にあるカードが発表された。

メインで崎山勲との対戦が発表された芦田崇宏は、昨年6月のノンタイトル戦に続き10月に弥益ドミネーター聡志に敗れDEEPフェザー級王座を失ってから5カ月、5年3カ月のブレイブ・ファイトで復帰が決まった。

崎山は12月のグラチャン37で2年4カ月振りに実戦復帰、負傷明けのケージでKO勝ちし、「時間がないので、すぐに上を目指したい」とアピールを行なっていた。またグラチャン北海道大会で戦ってきたパンクラス・ストロー級8位の早坂優瑠が、首都圏でグラチャン初出場となる。

宮田代表からは武田光司、竿本樹生というDEEPライト級王者とZSTフライ級王者に関しては、10周年記念大会より4月のRIZINに出したいという胸の内も明かされた。

「去年ベルトを失って、この10周年大会という舞台で再起を目指し頑張りたい」と挨拶した芦田の質疑応答は以下の通りだ(要約)。

──トラウマになりそうな2連敗でDEEPのベルトを失ったのですが、復帰の場をブレイブ・ファイトに選んだ理由、そして今後の目標を教えてください。

「前回の負けも、その前の負けも精神的にダメージがあり、格闘技を続けるべきなのか迷うぐらいでした。それでも、まだやり残していることはあると思うので、少し休ませてもらい、自分でもよく考えて……やり残したことを目標として頑張っていこうと思います。そういう考えになってから、前向きになりました。ブレイブ10周年、19歳の時に入門し、その時と比較するとかなり年もとり29歳になりましたが、練習も見直してまだやれるという気持ちがあるので、もう1回上を目指したいです。

復帰をこの大会にしたのは、ブレイブの一番弟子として10周年記念大会は僕が欠かせないという想いがあります。そこで宮田先生に復帰するという気持ちを伝えて、試合に出ることになりました」

──宮田さんの引退試合を見て、想うところはありましたか。

「RIZINという舞台で宮田先生と過ごさせてもらって、刺激を貰いました。引退試合でしたが、凄い試合だったし──アレを見て、この舞台を目指したいという気持ちが芽生えました。僕がやり残したのはビッグイベント出場だけなので、そこに噛みつけるように頑張りたいと思います」

──崎山選手の印象は?

「前回の試合も会場で見ていました。見た目も凄くパワフルな選手。打撃も思い切りよく振って来るので、打撃戦になると良い試合になると思いまが、組みが好きそうな選手ではあると思います。『時間がないので、すぐに上を目指したい』と言っていて、僕のことをどう思っているか分からないですけど、そう簡単には越えさせないつもりで、力の差を見せたいという気持ちです。

今は何も言える立場にないですが、とにかく次の試合に勝って、ビッグイベントから声が掛かれば出させてもらいたいです」

なおグラチャンでは10年後を目指し、海外のフィーダーショーとなっている日本の状況を踏まえ育成に力を入れることが岩崎代表から明らかとなった。A(従来のグラチャンチャレンジで合意があればヘッドギア未装着で戦う)、B(ヘッドギア有り、エルボー禁止)、C(グラウンドの打撃、スタンドの顔面への打撃なし)という3つのルールを採用するグラチャン。「3年~5年はアマチュアに力をいれ、4年~6年後に世界に羽ばたく選手を送り出したい。そのスタートになる大会になります」と岩崎代表は、今大会の位置づけを話している。

■Brave Fight18現時点の対戦カード

<フェザー級/5分2R>
芦田崇宏(日本)
崎山勲(日本)

<フライ級/5分2R>
坂巻魁斗(日本)
山本聖悟(日本)

<ストロー級/5分2R>
大貴(日本)
早坂優瑠(日本)

<フライ級/5分2R>
本田光樹(日本)
吉田哲之(日本)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday