この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC31】テコンドーの蹴りと左ジャブで流血も、前に出続けたスパングラーが判定勝ち取る

<バンタム級/5分3R>
リサ・スパングラー(米国)
Def.2-1:30-27.29-28.28-29
シャナ・ヤング(米国)

間合いの図り合いから、サイドキックを繰り出すヤング。スパングラーが蹴り足を掴む場面も見られたが、テイクダウンには至らない。その後もヤングはテコンドー流の蹴りを見せる。突進して頭をぶつけるようにヤングが左を放ち、離れて左ミドル。スパングラーはワンツーで距離を積めていくが、大量の鼻血が見られる。

ヤングも鼻のあたりが赤く染まっているが、彼女自身が流血しているのか返り血かは確認できない。そのヤングの左ハイがスパングラーの顔面をとらえそうになる場面も増えている。それでもスパングラーはパンチを振るいながら前に出るが効果的な攻撃はない。残り1分を切り、ケージにヤングを追い込んだスパングラーの連打が決まり、ヤングのダブルレッグを切ってラウンド終了を迎えた。

2R、両者の右が交錯し、ヤングの左サイドキックが顔面へ。さらに素早い左ジャブがスパングラーの顔面を襲う。サイドキックからかかと落としを見せたヤングに対し、組み付いたスパングラーがケージに押し込んでテイクダウンを狙う。倒れず離れたヤングが左の蹴りとジャブを当てる展開が続き、スパングラーはテイクダウンを取れないまま試合は最終回を迎えることに。

3R序盤もこれまでと基本は変わりない試合展開が続き、より距離を詰めようとしたスパングラーがパンチを逆に被弾する。残り2分となり、必死に組んでテイクダウンを狙うスパングラーをいなしたヤングだが、左の蹴りを放った際に軸足は払われて尻もちをつく。

立とうとしたヤングを組んで倒したスパングラーが、スクランブルからバックへ。バックマウントの状態でパンチを連打したスパングラーだが、前方に振り落とされる。ヤングが立ち上がり、続いてスタンドに戻ったスパングラーは最後まで前に出てパンチを振るう。ヤングのテイクダウン狙いを切ってギロチンを仕掛けたところでタイムアップに。

最終回はスパングラー、初回の終盤のパンチの連打がいかに評価されるか。結果、スパングラーがスプリット判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY