この星の格闘技を追いかける

【Brave CF14】このタイミングでストップか?! シリアのスレイマンがダゲスタンのグセイノフに勝利

<ミドル級/5分3R>
タレック・スレイマン(シリア)
Def.1R4分43秒by TKO
アルトゥル・グセイノフ(ロシア)

タイガームエタイ所属のシリア人ファイター=スレイマンに対し、ダゲスタンのグセイノフは後ろ回し蹴りから左ハイを放つ。スレイマンはローに合わせてダブルレッグに出てケージにグセイノフを押し込むと、テイクダウンに成功する。カンヌキで腕を抱えるなど立ち上がる仕種を見せなかったグセイノフはマウントを取られ、バックを見せる。スレイマンは右のパンチを連打し、四の字フックへ。

横に落ちそうになりながらも、フックを続けるスレイマンは右肩をマットにつけた状態で左のパンチを頭部に連続で打ちこむ。と、ここでレフェリーが試合を止めグセイノフは両手を広げて「なぜだ?」と抗議。ケージに入ってきたドクターの診察も受けず、納得できずケージ内でコーチとともに不満を口にし続けた。一方、勝者のスレイマンは「あのポジションから彼は何もできなかった」と話した。

第1試合のストップの間の取り方の悪さに続き、レフェリーの練度の低さが目立つ。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY