この星の格闘技を追いかける

【UFN134】勢いと動きの多さでリー・ピンユェンがスタシャクを破り、UFC初陣で判定勝ち

<バンタム級/5分3R>
リー・ピンユェン(中国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ダミアン・スタシャク(ポーランド)

スタシャクがまず右ローを蹴る。続く右ローをキャッチしたリーがパンチを放ち、スタシャクがエルボーを打ち返す。クリンチから離れたスタシャクの右ローに右を合わせたリー。スタシャクは後方にバランスを崩したが、すぐに立ち上がる。後回し蹴りを見せたスタシャクは右フックにシングルレッグを合わせ、ケージへ押し込んでからオクタゴン中央へテイクダウンに成功する。

リーのキムラを防いだスタシャクが左のパンチを入れ、エルボーを打ちつける。パス狙いのスタシャクに対し、足を戻したリーは腕十字狙いから外された隙に立ち上がりにかかる。すぐにボディロックにとり、シングルからキムラを仕掛けたスタシャクは、リーが起きがってきたタイミングでギロチンへ。ケージを背負って窮屈な態勢で極まらなかったが、初回はスタシャクが取った。

2R、スタシャクはここも右ロー。ワンツーで前に出てきたリーに右を当てる。リーはストレートやアッパーと思い切りの良いパンチを振るうが、クリーンヒットはない。スピニングバックフィストを受けて動きの止まったスタシャクは、直後にダブルレッグを決める。すぐにスクランブルに持ち込んだリーをもう一度倒したスタシャクだがエルボーを打ち込まれ下になる。

リーは立ち上がってギロチンへ。背中をつけて防いだスタシャクが後ろ周り蹴りへ。続くテイクダウンを切ったリーはここでもギロチンへ。頭を押して、首を抜いたスタシャクだが動きが落ちている。それでも足を一本抜き、トップキープのスタシャクがパスを極めバックへ。腰をずらしたリーはオモプラッタも、潰したスタシャクが上からパンチを落とす。勢いのあるパンチを2発落としたスタシャク──今回は微妙なラウンドとなった。

最終回、リーのスピニングバックフィストに組み付いたスタシャクが、テイクダウンに成功する。ロールから上を取ったリーがエルボーを落とす。スタシャクはクローズドを取り、リーは鉄槌を落としてから立ち上がる。リーのワンツーにシングルレッグ、クリンチに持ち込んだスタシャクに対し、リーが状態を入れ替えて離れる。

動きに勢いがあるのはリーで、スタシャクは体の軸が乱れている。それでもワンツーを当てたスタシャクが右ローを蹴っていく。リーは左ロングフックを振るい、スピニングバックフィストへ。これは当たらず、スタシャクがリーの踏み込みに合わせて左アッパーをヒットさせる。蹴り足を掴んでからのテイクダウンは切ったリーは、動きは多いが攻撃の制度が決して高くない。

スタシャクは残り30秒で狙ったダブルレッグを切られ、すぐに離れると距離を取る。右ストレートをかわされたリーが組み付くが、テイクダウンは奪えず軽い打撃の交換後にタイムアップとなった。直後に肩をぶつけてにらみを利かせるというマナーの悪さを見せたリーが、3-0でUFC初勝利を手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY