この星の格闘技を追いかける

【ONE70】ジナ・イニオンが打撃、テイクダウン、寝技でフアンを圧倒し母国で勝利

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
ジナ・イニオン(フィリピン)
Def.3-0
ジェニー・フアン(台湾)

鋭い右から左ローを見せたイニオンに、フアンも右フックを入れる。ローからボディ、そして左を入れたイニオンがフアンの前進に右を当て、スピニングバックフィストをダッキングでかわす。左から右を続いて当ててイニオンは、さらに右を連続で当てる。ボディから顔面、さらにワンツーを一方的に殴るイニオンに対し、フアンはそれでも前に出ていく。

ジリジリと前に出るフアンがついに組みつく。両ワキを差したイニオンはボディへヒザを突き上げる。両者は離れると、イニオンがサイドキックを打ち込み初回を攻勢のまま終えた。

2R、左を伸ばすイニオンが、左フックでダウンを奪う。すぐに立ったフアンは、左足を蹴られ続け紫色になっている。それでも前に出たフアンはクリンチのなかで首投げも、フアンがバックを取ってスタンドへ戻る。胸を合わせたイニオンは首相撲からヒザ蹴り、ボディロックでテイクダウンに成功する。

ここからフアンがクローズドで固め、オープンにするとパスガードにキムラを合わせていく。イニオンはクラッチに拘るフアンのバックマウントを取り、腕十字へ。フアンが起き上がると、自ら十字を解いたイニオンは蹴り上げから起き上がり、再び上を制してラウンド終了を迎えた。

最終回、すぐに組み付いたイニオンが小外掛けでテイクダウンを奪う。ハーフからパスしたイニオンがしっかりと押さえていく。鉄槌を受けて苦しい状態の不安は足を何とか戻すが、すぐに一本抜かれてしまう。上体を起こしてパンチ、ヒザをついて鉄槌を落としたイニオンは、スイープ狙いを潰して最後にパンチのラッシュで試合を締めた。

スタンド、テイクダウン、グラウンドの全局面でフアンを圧倒したイニオンが3-0で勝利を収めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

JBJJF

ONE DAY