この星の格闘技を追いかける

【UFN127】試合結果 ヴォルコフが元世界王者ヴェウドゥムを破りタイトル挑戦に一歩近づく

UFN127【写真】これでUFC4連勝となったヴォルコフ。やたらとロシア人は誤解を受けているというアピールが目立つファイターでもある(笑)(C)Zuffa LLC/Getty Images

17日(土・現地時間)、英国はロンドンのO2アリーナでUFC Fight Night127「Werdum vs Volkov」が開催され、メインでアレキサンダー・ヴォルコフが元世界ヘビー級王者ファブリシオ・ヴェウドゥムをKOを下した。

試合は序盤からヴェウドゥムがテイクダウン、もしくはディープハーフからのスイープでトップを取って攻めるもフィニッシュへの圧力を掛けることができず、ヴォルコフは倒されてもしのげるというファイトで勢いを増す。その結果、パンチを被弾することが増えた元世界王者はショートの連打&アッパーで4Rに仕留められることとなった。これで4連勝のヴォルコフはUFCロシア大会の実現と、その場での世界王座挑戦をアピールした。

また今大会ではレオン・エドワーズ×ペーター・ソボタ、ポール・グレイグ×マゴメド・アンカラエフという2試合で3R4分59秒──つまり試合終了1秒前での決着劇が見られる珍しい大会となった。8連勝でUFC初陣を秒殺ハイエルボー・ギロチンで飾ったダニー・ヘンリーもパフォーマンス・オブ・ナイト級の勝利、今後に注目だ。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=ヤン・ブラボヴィッチ×ジミ・マヌワ
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=アレキサンダー・ヴォルコフポール・クレイグ


UFC Fight Night127「Werdum vs Volkov」
<ヘビー級/5分5R>
○アレキサンダー・ヴォルコフ(ロシア)4R1分38秒
KO
詳細はコチラ
×ファブリシオ・ヴェウドゥム(ブラジル)
<ライトヘビー級/5分3R>
○ヤン・ブラボヴィッチ(ポーランド)3R
判定
詳細はコチラ
×ジミ・マヌワ(英国)
<バンタム級/5分3R>
○トム・デュケノワ(フランス)3R
判定
詳細はコチラ
×テリオン・ウェア(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○レオン・エドワーズ(英国)3R4分59秒
TKO
詳細はコチラ
×ペーター・ソボタ(ドイツ)
<ミドル級/5分3R>
○チャールズ・バード(米国)1R3分58秒
RNC
×ジョン・フィリップス(英国)
<ウェルター級/5分3R>
○ダニー・ロバーツ(英国)1R2分12秒
TKO
×オリバー・エンカンプ(スウェーデン)
<フェザー級/5分3R>
○ダニー・ヘンリー(英国)1R0分39秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
×ハキーム・ダラデュー(カナダ)
<ライトヘビー級/5分3R>
○ポール・クレイグ(英国)3R4分59秒
三角絞め
詳細はコチラ
×マゴメド・アンカラエフ(ロシア)
<ライト級/5分3R>
○ケイジャン・ジョンソン(カナダ)3R
判定
詳細はコチラ
×スティーヴィー・レイ(英国)
<ヘビー級/5分3R>
○デミトリー・スソノフスキー(ウクライナ)2R4分29秒
RNC
詳細はコチラ
×マーク・ゴビアー(英国)
PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF