この星の格闘技を追いかける

【Pancrase292】徳留一樹との再戦に臨む、ライト級KOP久米鷹介─01─「全ては体感すること」

Takasuke Kume【写真】結果はどうであれ、昨年以上の久米、そして徳留が見られることは間違いない(C)MMAPLANET

12月10日(日・現地時間)、東京都江東区のディファ有明で開催されるPancrase292で、ライト級KOP久米鷹介が徳留一樹の挑戦を受ける。

旧友対決、どこかほろ苦さがあった昨年9月の対戦で勝利し、立場を変えて再戦に臨むチャンピオン。今回の試合はそんな感傷的な心境さえ、甘さでしかない現実と直面した戦いとなる。

大一番を前に久米に電話インタビューを行った。


──非常に大切な試合まで、あと10日となりました。今の気持ちを教えてください。

「練習も良い感じでできています。もちろん緊張感もありますが、試合に向けて充実した生活を送れているのでとても良い状態だと思います。

しっかりと作り込んで、それをぶつけるだけです。結果に関しては相手あってのモノなので、今回も技術面も精神面も自分の持っているモノを全て出すだけで。そこを考えて作ってきました。だからピリピリすることなく、集中してやってこられています」

──ほど良い緊張とリラックスという感じでしょうか。

「これまでの韓国での経験や、何より去年の徳留選手との試合を経て、自分のやるべきことが見えてきたので。それが自信になっています」

──徳留選手とは2度目があることを実際は望んでいなかったと思われるのですが。

「試合が決まるまでは、やはり自分から戦いたいと思う相手ではなかったです。ただ、徳留選手はアキラ選手をあんな風に倒して、外国人選手とも戦って結果を残しているので、やるしかない状況だと思っていました。

前回はたまたま僕の形にハマったので勝つことができましたけど、徳留選手がどれだけ強いのかということは練習を通してだったり、試合で実際に戦い、そしてあれからの試合を見ても分かっています。

だから僕は必死に自分を高めるしかないので、そのことだけを考えると特別に緊張することもなく、ほどよく気を引き締めて毎日を過ごせています。

今回も僕が徳留選手に挑むつもりでいます。ただし、これは前の試合と同じですが、自分の良いところを作り、試合で出していければ……結果はついてくる相手だと思っています」

──おぉ……。

「それはもう前回も同じで、実力的に厳しい部分はあったとしても、しっかりと作り込んでいけばという想いはありました。今回もソレと同じで、ブレずにできています」

──徳留選手は昨年の試合では自身の苦手なところをつかれた。その局面になろうが、今年は接近戦も強くなったと話しています。

「もう……僕はもう……今後のこととか考えているわけでもないし、勝負するのは個体としてスピードだとか、反応だと思ってやっています。ライト級という階級で戦う限り、僕は小柄ですし、誰と戦おうが俊敏性と速さで勝負するしかありません。

だから徳留選手と戦うということでなく、その部分をずっと鍛えてきたつもりです。あとは駆け引きなどでも、幅を広げてきました。当然、向こうも対策を練って来るでしょうが、僕も練っています。この試合のために特別な練習をしているわけではないです。大切なのは意識の持ち方で」

──意識の持ち方?

「自分で考える。もちろん(日沖)発さんからアドバイスはいつもいただいているのですが、以前は耳で聞いているだけだったと思います。それがここ1年で自分の中にしっかりと落とし込めている。そんな感覚があります。

練習が変わったのではなく、自分の感覚が変わった。フッと自分のなかに落ちてくる。そういう部分の変化の方が大きいです」

──それは読者や第3者では、なかなか感覚として伝わらない変化ですね。

「う~ん、そうかもしれないですね。前はアドバイスを聞いていても、さっきも言ったように耳から入ってきているだけという感じでした。それが、ちゃんと脳みそや神経、細胞に伝わることでアドバイスの本質的な部分を体が理解している。そんな風になったので、そこに対して自信がつきました。

それは技術練習やスパーリングだけでなく、フィジカルでも同じことがいえます。僕はフィジカルでは数値的な部分を意識するのではなく、自分の体の感覚を重視しているんです。ちゃんと動けているのか、どうすればしっかりと思ったように動かすことができるのか。試合中に数値はでないですし、全ては体感することです。なので、僕にとってはその体感という部分が大切になってきます」

<この項、続く>

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie