この星の格闘技を追いかける

【TUF25】KO必至対決で、ジョンソンがフォーチュナに判定勝ち収める

<ライトヘビー級/5分3R>
ジョーダン・ジョンソン(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
マルセル・フォーチュナ(ブラジル)

左ジャブが交錯し、ジョンソンは左ハイを狙う。フォーチュナの右ローをキャッチしてテイクダウンを奪ったジョンソンがパウンドを落とす。蹴り上げから立ち上がったフォーチュナ、試合は間合いを図る展開に。距離が近付くとジョンソンが左ボディフックを入れる。思い切り振る抜いた右が空振りになったジョンソンが、そのまま組んでテイクダウンへ。ケージの上辺を掴んで防いだフォーチュナだが、ブレイクが入らなかった。

ジョンソンの左に右を合わせたフォーチュナが、左フックも当てる。さらに右アッパーを当て、左ジャブは互角。ジョンソンは左ジャブをダブルで放っていく。フォーチュナが左ミドルを蹴ったところで最初の5分が終わった。

2Rは左ジャブの相打ちからスタート。前に出るジョンソンをフォーチュナの右フックが迎え撃つ。ジョンソンは左フックを当て、フォーチュナが一瞬止まる。プレッシャーを強めるジョンソンが左ジャブ&右ストレートを繰り出す。フォーチュナも左を返し、左を府被弾した直後に勢いのある左フックを逆に打ち返す。

ジョンソンも負けじと右を入れ、両者とも手数が増えて来る。フォーチュナは左ハイを放ち、強烈な勢いの右ローを蹴っていく。ジョンソンはローに右フック、直後に右フックを被弾しシングルレッグへ。足を払ってテイクダウンに成功したジョンソンが、鉄槌を落とし、フォーチュナヒザ十字を防いだ。

最数回、序盤から打撃の交換が見られ、ジョンソンが支えつり込み気味にフォーチュナを崩しにかかる。ここを踏ん張ったフォーチュナだが、なかなか打撃でイニシアチブを握ることはできない。フォーチュナの右ローにジョンソンも右ローを合わせると、シングルを切って間合いを取り直す。

踏み込んでワンツーを見せたフォーチュナは、右フックも繰り出す。決定打のない展開のなか、フォーチュナはダブルレッグに失敗し、逆にジョンソンが組んでいく。右腕を差し返したフォーチュナが離れ、試合は最後の30秒に。左右のミドルを見せたフォーチュナに対し、ジョンソンもハイを返すも決定打はなし。ジョンソンKO必至対決で判定勝ちを収め、「良いファイターも時には退屈な試合をするんだ」と語った。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie