この星の格闘技を追いかける

【RFC39】ハム・ソヒに敗れベルトを巻けず──黒部三奈「思いっ切ってやるしかないという気持ちで」

Mina Kurobe【写真】左目の周囲が大きく腫れあがっていた黒部。最後のストップに本人は納得していたようだ (C)KAORI SUGAWARA

10日(土・現地時間)に韓国ソウルのチャンチュン体育館で開催されたROAD FC39のメインでハム・ソヒと初代女子アトム級王座決定戦を戦い、最後はTKOで敗れた黒部三奈。

一夜明け、目元が大きく腫れている黒部が、帰国前にインタビューに応じてくれた。自身初の海外遠征&ロードFC参戦だった彼女は元UFCファイターとのタイトル戦で何を感じ、この経験をどのように今後に繋げて行くのか──話を訊いた。


──試合から一夜明けて、目の周囲がかなり腫れてしまっていますね。

「結構ボコボコにやられちゃったので顔は腫れてるけど、具合は悪くないので大丈夫かなと思います。他は元々、ヒザを痛めていて、それがちょっと痛むくらいです。日本に帰ってから一応検査だけ受けようと思っています」

──気持ちの面ではいかがでしょうか。

「そうですね……。どうしても勝ちたかったけど、及ばなかったですね……。

1Rにパンチをもらいすぎてしまい、しかもちょっと効いてしまっていたんで、それで体力を奪われてしまいました。思いっきり行ったら2Rはテイクダウンできたんですけど、だいぶ体力を消耗していて攻めきれなかったです」

──打撃を被弾した初回の後半から、思い切って組んでいけました。

「圧力があるっていうのは最初からわかってたんで、その距離を上手くかわして組んでいこうっていう作戦だったんですけど、上手いこと彼女の打撃の距離にされてしまいましたね。打撃も当てられました。そこを掻い潜って組み付けたりできたのは良かったと思っています」

01──2Rは黒部選手がペースを掴み始めていたようにも見えましたが。

「そうなんですけども……。だいぶ良いとこまで行ったような気もするんですが、やっぱちょっと攻めきれなかったです……。できれば一本取りたかったんですし、もうちょっとポジションとか取って削っていきたかったですけど、グラウンドも上手くできなかったですね。逆に巧くやられてしまいました。もう少し寝技で良い展開が作れれば──てところですね」

02──勝負の3Rで終盤、その寝技でリードを許してしまいました。

「『一本取らなきゃ負けるぞ』という指示がセコンドからもあったんで、もう最後なんでもう行くしかない、思いっきってやるしかないという気持ちで行きました。

ただ、がっつりバックマウント取られて殴られてたので、なんとか逃げようはしてたんですけど、逃げきれなかったので、止められてもしょうがないかなと思っています」

──試合を終えたばかりではありますが、今回の試合を経て、これからどのようにして行きたいと考えていますか。

「そうですね。打撃の精度を上げて行きたいっていうのもあるし、やっぱり最後は寝技で一本取りたいので、全体的にやっていかないとっていうのはあります。

今回の試合で色々弱点も見えたし、自分が伸ばしていけそうなところも分かりました。今はダメージがあるのでちょっと休んでから、練習メニューを考えてやっていこうと思っています」

──初出場となったロードFCにはどのような印象を持ちましたか。

「大会自体盛り上がっていたし、良い大会だなって思いました。世志琥選手の試合も盛り上がっていましたね。スタッフの皆さんも凄く優しくて、親切にして頂きました。

韓国入りしてからの体重調整に関しても、ホテルにサウナもジムもついてるんで、水抜きもしやすかったです。それに韓国は平和で、ご飯が美味しくて良かったです」

──日本の大会と比較して、やり辛かった面はなかったですか。

「大会当日の拘束時間が長いのでそれがちょっと大変でしたが、セコンドの人と話してたり寝たりゆっくり過ごしました」

──セコンドには弘中邦佳選手もいらしていましたね。

「はい。セコンドは最近いつもコーチの宮澤(元樹)さんとジムのSA$KE選手がついてくれるのですが、今回は弘中さんが大会当日に福岡から来てくれました」

──では、最後に日本から応援してくださった方へ一言メッセージお願いします。

「応援ありがとうございました。本当に勝ちたいという思いで頑張ってきましたが至らずに、ベルトに届かなかったですが、まだ強くなりたい気持ちがあるので、これからも頑張っていこうと思います。これからもよろしくお願いします」

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie