この星の格闘技を追いかける

【Grachan28XBrave Figth14】鈴木隼人、1年振りの試合で16勝2分となりRIZINフライ級に参戦アピール!!

Hyato Suzuki【写真】18戦負けなし、戦績を16勝2敗としたGrachanフライ級チャンピオン鈴木隼人。海外プロモーションと契約したという話もあるが、本人はRIZIN出場をアピールした (C)MMAPLANET

26日(日)、東京都江東区ディファ有明で開催されたGrachan28XBrave Figth14の合同興行。文字通り宮田和幸率いるBrave勢が総動員となったBrave 14のメイン出場の鈴木隼人&セミ出場の坂巻魁斗ともに苦戦を強いられるも、逆転勝利を手にしている。


<フライ級/5分2R>
鈴木隼人(日本)
Def.3-0
小田切勇(日本)

Suzuki vs Odagiri 011年振りの実戦となった鈴木は試合開始直に大きくジャンプしながら小田切にテイクダウンを狙うが、ヒザ立ちまででケージを背にして立ち上がられてしまう。逆に小田切もボディロックから小外掛けを狙い、トップを奪いかかる。鈴木はスクランブルから離れたが、パンチを被弾しシングルレッグへ。懸命に耐える小田切をケージに押し込み、ダブルレッグで尻餅をつかせる。

Suzuki vs Odagiri 02ここもすぐに立ちあがった小田切がテイクダウン狙いをがぶってヒザ蹴りを入れる。接近戦の打ち合いで左を被弾し、体の軸が乱れた鈴木はバックに回られ、寝技に持ち込まれる。と同時に胸を合わせて上を取ることに成功した鈴木がパス狙いから起き上がったが、強烈な蹴り上げを顔面に受けたところで初回が終了した。

Suzuki vs Odagiri 03最終回、首投げでトップを奪取した鈴木は、背中をケージにつけた小田切のボディにヒザ蹴りを狙う。立ち上がって離れた小田切と打ち合った鈴木は、パンチを被弾して顔を背けるシーンも。打撃戦は劣勢の鈴木だったが、根性の差し上げでテイクダウンに成功する。

Suzuki vs Odagiri 04ここも蹴り上げからスタンドに戻った小田切がパンチでラッシュを掛け、鈴木をケージに押し込むシーンも。ケージ中央に戻った両者、打撃戦から組んでバックに回った鈴木が後方から左ハイを狙う。胸を合わせて離れた小田切が右ストレートをヒットさせる。体の軸が乱れ、劣性の鈴木が左足を振り上げ、ジャンプして右のハイキックを小田切の顔面に当てる。グシャっと音を立てた小田切に鈴木はパンチの連打、組んでバックに回ったところでタイムアップとなった。

結果、最後の蹴りから猛攻で鈴木が逆転勝ち。「1年振りの試合で、決まった時からずっと怖くて不安でした。今の試合が、自分のレベルです。こんな内容ですが、18試合負けなしです。日本のフライ級で、これだけ連勝している選手は僕しかいません。今、日本のフライ級が盛り上がっていて、一番はRIZINのようになっていますが、鈴木隼人を忘れないでほしいです。いつでも戦う準備はできます」と、鈴木はRIZINフライ級への殴り込みを宣言した。

Sakamaki vs Iseki 01<BRAVE FIGHT×GRACHAN交流戦バンタム級/5分2R>
坂巻魁斗(日本/BRAVE)
Def.1R4分55秒 by TKO
井関遼(日本)

開始直から右に左を合わされ、テイクダウンも切られてヒザを被弾した坂巻が引き込む。ガードを取り、頭を抱える坂巻は井関が頭を抜いと同時にスクランブルに持ち込もうとしたが、腰を今ロールされバックを許す。坂巻は胸を合わせながら立ち上がるも、ボディロック&大内刈りでテイクダウンを奪われる。

Sakamaki vs Iseki 02足関節狙いの坂巻は、背中を向けて立ち上がろうとした井関の左足をたたみ、プロレスでいうリバースのインディアンデスロックのような状態でバックを取りに行く。ロックは解けたが、坂巻に体重を掛けられ裏アキレスのような状態でヒザを畳まれた井関は、右足を伸ばして、スペースができると仰向けから腹ばいに。

Sakamakiヒール狙いに立ち上がった井関に対し、追いかけて立ち上がった坂巻が右ストレート一閃。この一発で井関は失神し、坂巻が逆転KO勝ちを手にし「僕の名前は覚えなくても良いです。小嶋真子さんの名前を覚えて帰ってください」とAKBメンバーの名前をアピールし、自らの存在感も印象付けた。

■ GRACHAN28 ×BRAVE FIGHT14主な試合結果

<フェザー級/5分2R>
大澤茂樹(日本)
Def.3-0
大道翔貴(日本)

<フェザー級/5分2R>
島村裕(日本)
Def.1R4分34秒by ローリングサンダー
なおKING(日本)

<フライ級/5分2R>
松場貴志(日本)
Def.3-0
上原佑介(日本)

<ライト級/5分2R>
能登崇(日本)
Def.3-0
石原裕基(日本)

<ウェルター級/5分2R>
竹川光一郎(日本)
Def.2R4分42秒by TKO
長谷川拓也(日本)

<バンタム級/5分2R>
米山千隼(日本)
Def.2R4分58秒by TKO
吉田哲之(日本)

<59キロ契約/5分2R>
己吏人(日本)
Def.3-0
佐々木洋(日本)

<フライ級/5分2R>
鈴木隼人(日本)
Def.3-0
小田切勇(日本)

<BRAVE FIGHT×GRACHAN交流戦バンタム級/5分2R>
坂巻魁斗(日本/BRAVE)
Def.1R4分55秒 by TKO
井関遼(日本)

<BRAVE FIGHT ×GRACHAN交流戦ウェルター級/5分2R>
ルクク・ダリ(コンゴ)
Def.1R終了時 by TKO
川中孝浩(日本/BRAVE)

<BRAVE FIGHT ×GRACHAN交流戦ライト級/5分2R>
阿部右京(日本)
Def.1R3分17秒 by TKO
斎藤勇駿(日本)

<BRAVE FIGHT ×GRACHAN交流戦フェザー級/5分2R>
加藤貴大(日本/BRAVE)
Def.1R3分37秒 by TKO
小林亮太(日本)

<フライ級/5分2R>
竿本樹生(日本)
Def.2-0
タイガー石井(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie