この星の格闘技を追いかける

【RFC36】純真セクハラ王子、試合では我慢強くスマートに。パク・デソンがカポラル破る

<ライト級Tトライアル1回戦/5分3R>
パク・デソン(韓国)
Def.2-0
ホドリゴ・カポラル(ブラジル)

ジリジリと前に出るカポラル。パク・デソンが左ミドルを繰り出す。右フックを当ててダブルレッグ、大きく持ち上げてテイクダウンに成功したカポラルだが、パク・デソンの立ち上がり際にバックを取り切れない。パク・デソンがヒザ蹴りをボディに入れ、ダブルレッグを切るとクリンチから小手投げを狙う。カポラルは腹ばいで落ちて、すぐに起き上がり小外掛けでテイクダウンを試みる。ケージを背に耐えるパク・デソンは右を差し入れ、ヒザをボディに突き刺していく。

ヒザをマットにつきダブルレッグからシングルに移行したカポラルだが、テイクダウンには至らない。アゴを押しのけスペースを作ろうとするパク・デソンに対し、カポラルは必要にダブルを狙い、ケージに押し込む展開を続ける。パク・デソンが残り80秒で体を入れ替えて、逆にケージにカポラルを抑えつけていく。右フックを入れたパク・デソンは、首相撲からヒザを──テイクダウンを仕掛けてカポラルに仕掛けていく。直後に腰の乗せカポラルを投げたパク・デソンが初回はリードしたか。

2R、細かいパンチから首相撲の態勢に入ったパク・デソンをケージに押し込んだカポラル。ヒザ蹴りを入れて離れたパク・デソンが、再び組まれると首相撲&ヒザを入れる。カポラルはケージに押し込んだパク・デソンにヒザ蹴り、これが急所に入り試合が中断する。再開後、左ハイをガードの上から蹴ったパク・デソンが、後ろ回し蹴りでバランスを崩す。

距離を詰めたカポラルがスタンドに戻ったパク・デソンにクリンチ、体を入れ替えたパク・デソンはヒザを再び急所に受けて苦悶の表情を浮かべる。ここでブルーカード=注意がカポラルに与えられる。リスタート後、ローを入れたパク・デソン。カポラルは組んで右腕を差し上げてバックを狙う。

ウィザードと耐えきれなくなったパク・デソンだが、しっかりと右をアンダーフック、左をウィザードで胸をつけることに成功する。パク・デソンのヒザ、カポラルのテイクダウン狙いという展開が続き、残り70秒でレフェリーが両者を分ける。ヒザ蹴りから左ミドル、前蹴りを見せたパク・デソン。カポラルはダブルレッグで尻餅をつかせることに成功する。パク・デソンはケージを背にして立ち上がると、体を入れ替える。押し返してきたカポラルを左組みの体落とし気味の投げで投げ切ったところで2Rが終わった。

最終回、右を当ててダブルを仕掛けたカポラルがバックを伺う。ウィザードで耐えるパク・デソンがケージを掴み、ブルーカードを提示される。同体で試合が再開され、左手はウィザードのパク・デソンの右手を引き寄せたカポラルが、背中をつけさせついにバックマウントの態勢に入る。パク・デソン胸を合わせトップへ。カポラルが立ち上がり、両者が離れる。左ストレートを伸ばし、左の蹴りも見せるパク・デソンだが、やはりテイクダウンを警戒し力強い打撃を繰り出せない。逆にカポラルは右をヒットし、組みへ、体を入れ替えたパク・デソンだが、レフェリーがブレイクを命じる。

残り1分、右フック&右ボディから組んだカポラルに対し、パク・デソンが押し込み返しヒザ蹴りを繰り出す。ヒザを受けてシングルに出たカポラル。倒せず胸が合うと、やはりヒザを腹に被弾する。最後はカポラルが押し倒すように上を取り、タイムアップに。

組まれてヒザ蹴りのパク・デソンと、カポラルのテイクダウン・アテンプト。ジャッジは2‐0でパク・デソンを支持。勝者はロードガールの横に並ぶことを徹底的に避け、掌を重ねて肩を丸めて記念写真に臨んだ。

「今日は自分の全ての見せることができなかった。ここに戻って来られたことは嬉しかったけど、今日の試合は忘れてほしいです。次はもっと良い試合をします。トーナメント参加者は皆、クォン・アソルより強い。だから良いイベントになるんです。このトーナメント後、クォン・アソルに無差別級で勝ち、それから無差別級王者になります」と純真セクハラ王子は語った。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie