この星の格闘技を追いかける

【Gladiator002】レッツ豪太、防衛成功。吉村友菊がヤックル下し新ライトフライ級王者に

LINEで送る
Pocket

lets-gota【写真】3Rに危ない場面もあったが、トラウマを払拭する防衛戦となったであろうレッツ豪太 (C)MMAPLANET

23日、大阪市平野区の平野区民センターで開催されたGladiator002 in OSAKA。新生グラジエイター第2弾となった大阪進出、プレビュー第1回ではメインとセミのウェルター級&ライトフライ級選手権試合の模様をお伝えしたい。


<Gladiatorウェルター級選手権試合/5分3R>
レッツ豪太(日本)
Def.3-0
ムン・ジュンヒ(韓国)

lets-gota-vs-moon-01初回、いきなり右ハイを見せたレッツは左に回りながら、ムン・ジュンヒの左ストレート、さらにテイクダウン狙いを切りつつローを蹴りこむ。そのレッツの左に合わせて組みにいったムン・ジュンヒだったが、四つの態勢でレッツも譲らない。

離れた両者、レッツは右ハイでバランスを崩して尻もちをつくも、すぐに立ち上がる。引き続き左に回るレッツをムン・ジュンヒが追いかける展開のなかで、誘い込むような形を取ったレッツが左ストレートや右ミドルハイを繰り出していく。

ムン・ジュンヒはダブルで尻もちをつかせ、スクランブルのなかでバックへ。自ら背中をつけて寝技に持ち込むっと、一気にマウント狙って右足でレッツを跨ごうとする。ここでレッツは左腕を差して、ブリッジするようにトップをしっかりと奪う。このまま初回が終了。最後に上を取れたのはレッツにとっても大きかった。

lets-gota-vs-moon-022R開始早々、レッツの右フックでムン・ジュンヒが動き止める。一気にラッシュに持っていったレッツは首相撲を取ろうとしたムン・ジュンヒを押し倒し、パウンドの連打へ。一気に試合が決まるかと思われたが。ムン・ジュンヒがガードワークを駆使しレッツは追撃のパウンドを打てなくなる。

手首を取って三角絞め、あるいは糸通しを仕掛けるムン・ジュンヒの動きを制するような形で、グラウンド戦が続きダウンを奪ったレッツのラウンドとなった。

lets-gota-vs-moon-03最終回、あとのないムン・ジュンヒは右ミドルを蹴りこみ、レッツの右に合わせて組み付いてバックを取る。初回同様、自ら背中をつけてグラウンド戦に持ち込むと、バックマウントを完成させる。一気にRNCの態勢に入ったムン・ジュンヒ、かなりタイトに入りRNCクラッチを組ませまいとレッツが左手首を取って防御。

それでも3月のネルソン・カルバーリョ戦の悪夢を思い出させるようなワンアームがレッツの喉に食い込んでいく。

レッツは右手を掴んで一気に胸を合わせ、最大の危機を乗り切るとブレイクを待ちこみ試合はスタンドへ。逆転に向け前に出てきたムン・ジュンヒに対し、レッツがきれいにダブルレッグを決めて勝負あり。このままトップからパンチを落としつつ、試合はタイムアップに。直後に大の字に倒れたレッツがグラジエイター・ウェルター級王座初防衛に成功した。

yoshimura<Gladiatorライトフライ級選手権試合/5分3R>
吉村友菊(日本)
Def.1R1分18秒by TKO
ヤックル真吾(日本)

yoshimura-vs-shingo柔術のヤックル、打撃の吉村と思われた一戦は――ヤックルの右が炸裂するという意外なスタートに。ケージに吉村を詰めたヤックルが股をすくってテイクダウン。

スクランブルから起き上がった吉村対し、その勢いをかってかヤックルが引き続き打撃戦を挑む。右ローを当てたヤックル。

yoshimura-vs-shingo-02直後のパンチの応酬で吉村の左がヒットし、ヤックルが後退する。距離を詰めラッシュを掛けた吉村は、ヤックルのシングルを潰してパウンドの連打。ケージを背に座った形になったヤックルの顔面にアッパーのようにパンチを落とし、それでも向きあがってきたところで思い切り右を叩きこんで勝負を決めた。

新グラジエイター・ライトフライ級王者となった吉村は「今まで人生で一番嬉しい勝利です。勤労感謝の日ということで、お父さん、お母さん、これまで育ててくれて感謝します」と両親に感謝の言葉を述べていた。

■Gladiator 002 その他の結果

<Gladiatorライト級次期挑戦者決定戦/5分3R>
岸本泰昭(日本)
Def.3-0
キ・ウォンビン(韓国)

<ウェルター級/5分2R>
中村勇太(日本)
Def.1R3分28秒by TKO
内林幹透(日本)

<フェザー級/5分2R>
大道翔貴(日本)
Def.2R4分21秒by RNC
天草ストロンガー四郎(日本)

<ライト級/5分2R>
キム・ソンヒョン(韓国)
Def.1R1分46秒by KO
野副忠佑(日本)

<フライ級/5分2R>
NavE(日本)
Def.1R3分27秒by 腕十字
鈴木崇豊(日本)

<ウェルター級/5分2R>
別府敬佑(日本)
Draw.1-0
カン・ホサ(日本)

<ライトフライ級/5分2R>
宮城友一(日本)
Def.3-0
原猛司(日本)

<バンタム級/5分2R>
結城大樹(日本)
Def.1R3分32秒by RNC
伊藤空也(日本)

<バンタム級/5分2R>
草信孝謙(日本)
Def.1R2分39秒by ヒールホールド
小椋雄輝(日本)

<フェザー級/5分2R>
上山雄大(日本)
Def.1R3分30秒by TKO
北崎拓実(日本)

<バンタム級/5分2R>
桂爽淳(日本)
Def.2R4分35秒by RNC
吉野光(日本)

<フェザー級/5分2R>
マルセロ中村(日本)
Def.3-0
吉野豪腕タイキ(日本)

<フライ級/5分2R>
大前健太(日本)
Def.1R3分10秒by TKO
上荷大夢(日本)

PR
PR

関連記事

Movie