この星の格闘技を追いかける

【UFN31】幻のTUF伯1決勝、僅差でフェレイラに凱歌挙がる

2013.11.10

<ミドル級/5分3R>
セザー・フェレイラ(ブラジル)
Def.2-1: 28-29, 30-27, 30-28
ダニエル・サラフィアン(ブラジル)

幻のTUFブラジル・シーズン1ミドル級決勝が実現。ケージ際を回るフェレイラに対し、サラフィアンが組みついて押し込む。シングルから足をかけテイクダウンを狙うサラフィアンに対し、フェレイラもしっかりと対処していく。2分が経過する頃にレフェリーがブレイクを命じる。右から左、さらに右を打ち込んだサラフィアン。フェレイラは左ミドルから、組みついてサラフィアンをケージに押しこむ。頭を抱えてギロチンをセットアップしたサラフィアンが、引き込むが、フェレイラが首を引きぬく。同時に立ち上がったサラフィアン、フェレイラは距離を取ってガード上から左ハイを連続で放っていく。

サラフィアンのパンチをかわしたフェレイラが再び組んでケージへ。ヒザをボディに入れて離れたフェレイラだが、パンチの応酬は劣勢で間合いを取り直す。右を思い切り打ち込むサラフィアンは、返しの左フックを振る。勢いがついて、ケージに突っ込んだサラフィアンに対し、ハイを狙ったフェレイラ。ここで初回が終了、早くも体力勝負の様相を呈してきたか。

2R、カポエイラ蹴りから組んでテイクダウンを奪ったフェレイラ。ハーフからディープハーフで潜ろうとしたサラフィアンだが、フェレイラが押し返す。無理な態勢からギロチンを狙うサラフィアンに対し、首を抜いたフェレイラがトップをキープする。スタンドに戻った両者、エルボーを空振りしたフェレイラが、右を被弾しバランスを崩す。さらに左を打ち込むサラフィアンだが、フェレイラはダブルレッグでテイクダウンに成功する。

残り2分、サラフィアンはハーフガードからスイープを仕掛ける。これを潰したフェレイラが肩固めを仕掛けるが、ここでマリオ・ヤマサキがブレイクが命じる。残り45秒、スタンドに戻った両者。サラフィアンが左フックから組みつきケージにフェレイラを押し込んだ状態で2Rも終わった。

3R、まずはサラフィアンが右ストレートをヒット。フェレイラが左ハイキックを狙う。回し蹴りを狙ったフェレイラのバックを取ったサラフィアンは、胸を合わせてきたところで思い切りワンツーを打ち込む。フェレイラは距離を取り直して、ダブルレッグでテイクダウンへ。ハーフからパンチを落すフェレイラがトップをキープする展開が続く。残り2分を切り、ここでもレフェリーがブレイクを指示。

再開直後にフェレイラがダブルレッグでテイクダウンを決める。サラフィアンの立ち上がり際にバックに回ったフェレイラが両足をフック。それでも立ち上がったサラフィアンは、スタンドの状態でRNCを仕掛けられる。フェレイラは声をあげてチョークを続け、そのままの態勢でタイムアップに。シャドーボクシングで勝利をアピールするフェレイラに対し、サラフィアンはがっくりと肩を落とした。裁定はスプリットに分かれたが、最後のポイントが読まれる前からサラフィアンはフェレイラの勝利という仕種を見せる。結果は2-1でフェレイラが2-1の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie