この星の格闘技を追いかける

【PXC54】今時ぃ? 組んでは引き込みを繰り返すチェ・ジュンプンをアベラルドがパウンドアウト

<ライト級/5分3R>
マーク・アベラルド(ニュージーランド)
Def.2R0分32秒 by TKO
チェ・ジュンプン(韓国)

サウスポーのチェ・ジュンプンが左ハイ。アベラルドも右ハイを返す。チェ・ジュンプンがシングルレッグからガードを取るが、アベラルドは付き合わない。明らかに打撃戦を嫌がっているチェ・ジュンプンのシングルを切ったアベラルドは、寝技に付き合わずに右ミドルハイを蹴り込む。

チェ・ジュンプンの蹴り足を掴んで、足払いでテイクダウンを奪ってなお寝技に付き合わないアベラルド。現代MMAではチェ・ジュンプンは打撃戦に付き合わなければポイントで勝てない。執拗なテイクダウン狙いも、距離が遠く、何かの拍子にガードを取るチェ・ジュンプン。一度はガードの中に収まったアベラルドは、三角の仕掛けに立ち上がる。

必死にローシングルからケージにアベラルドを押し込んだチェ・ジュンプンが、ついにテイクダウンに成功する。ケージを背にして立ち上がろうとするアベラルドの足を束ねていくチェ・ジュンプン。腰をコントロールして何とか背中をつけさせようとしたがアベラルドが立ち上がりエルボーを打ち込む。

引き込んだチェ・ジュンプンをスタンドで待ち受けるアベラルド。全くかみ合わない両者の対戦は、チェ・ジュンプンがパンチを被弾し引き込みパウンドを落とされたところで初回が終了した。

2R、ハイとローを見せたアベラルドに対し、チェ・ジュンプンが引き込む。ここで鉄槌からパンチをアベラルドが入れると、チェ・ジュンプンが完全に動きを止めレフェリーが両者を分ける。アベラルドのTKO勝ちかと思われたが、チェ・ジュンプンが急所を押えて苦痛の表情を浮かべており、ローが急所に入ったようだが、レフェリーが裁定を変えることなくアベラルドのTKO勝ちとなった。勝負が続いたとしてもチェ・ジュンプンの勝ち目はほぼなかっただろう。


PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie