この星の格闘技を追いかける

【WSOF30】マガリャエスがヒューンとの接戦を制すも、好印象は残せず……

<ライトヘビー級/5分3R>
ヴィニー・マガリャエス(ブラジル)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ジェイク・ヒューン(米国)

右ローを入れたマガリャエス、さらに左右のローを続いたマガリャエスに対しヒューンは遠い位置から右を振るうも空振りに。ヒューンはガードの上から左ハイを続ける。マガリャエスも右ローから右ハイ、ここで組みついてケージにヒューンを押し込む。マガリャエスはボディへのヒザ蹴りを続けると、尻餅までつかせたがヒューンがすぐに立ち上がる。

残り2分、マガリャエスは前蹴りを見せるが、すぐに距離を詰めることができない。ヒューンは左ミドル、続いて右ローを入れる。ヒューンも組まれたくないので、遠目の距離で取り右ローを引き続き被弾する。マガリャエスは思い切り右ミドルを放ったところでコンタクトの少ない初回が終わった。

2R、右ローからやや距離を詰めたヒューンが左ジャブ&左ボディフックを放つ。続いて右ストレートを伸ばし、左ジャブ。マガリャエスも左フックを合わせようとしたが、直後に右ハイを受けそうになる。打撃戦が続くとスタミナをロスする傾向が強いマガリャエスは右ロー、距離が近づくとアッパーを放つ。スピニングバックエルボーを空振りしたヒューンは右フック、蹴り足を掴むがテイクダウンは狙わずリリースする。変則的なエルボーを見せたヒューンも手数は少ないまま、試合は残り2分を切る。

ここでマガリャエスが前に突っ込み、ヒューンが右フックを合わせようとしたが空振りに。と、組んだマガリャエスが小外掛けてテイクダウンを奪い、足関狙いからガードのなかへ。右のパンチとエルボーを落としたマガリャエスが、ここでスタンドに戻り、粗い右ミドルから直後にダブルレッグで2度目のテイクダウン。確実にポイントを獲得したマガリャエスが2Rを確実に取った。

最終回、フェイントを見せるヒューンにマガリャエスが右ロー。ヒューンはワンツーから距離を詰め、押し返してきたマガリャエスに右フック。マガリャエスがシングルレッグも力なく、これを切られるとガードを取りそうな仕種を見せる。スタンドに戻ったマガリャエスは動きが完全に落ち、ガードが下がる。前蹴りでマガリャエスを突き放したヒューンはスリップするなど、攻め時に前に出ることができない。それでも右を伸ばすヒューンに対し、マガリャエスがダブルレッグへ。それほどスピードもなかったが、ヒューンはアッサリと背中をマットに着けてしまう。ハーフからパンチ、キムラを仕掛けたマガリャエスは引き込んでクローズガード、そのままキムラクラッチをキープする。

クローズドで腕狙いのマガリャエスに対し、パンチを入れたヒューンはスクランブルからのシングルを切ってパンチを落とす。マガリャエスはここでディープハーフを取り、完全にフリーズ。そのマガリャエスの頭を跨ぐような形で座るヒューンがボディにエルボーを入れる。対して、マガリャエスが下からチョコチョコと拳を突き上げるという奇妙な形で試合はタイムアップに。結果、マガリャエスが29-28を3票集め判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie