この星の格闘技を追いかける

【Roundup】3月22日~27日、ニュース総ざらい。ジャックナイフがヨアキムに勝利、ケンフロは柔術出場

Kenny Florian【写真】ケン・フロの柔術出場、非常に気になるところだ (C)MMAPLANET

過去1週間、記事にできなかった注目のニュースをかき集めて紹介、題してRoundup。本来は深く言及すべき情報ですが、当サイトのマンパワー不足が原因で紹介できなかった記事を総ざらいします。

【22日(火)】
・WSOFのカーロス・シルバCEOがUFCのロレンゾ・ファティータ、Bellatorのスコット・コーカーに続き、NY州でプロMMAが合法化したことに関し、「エキサイティングで歴史的な1日となった。WSOFの新しいCOOのマイケル・マーシュらロビーストの活動により、プロMMAが合法化された。我々はオフィスをマンハッタンに置いたばかり、そしてテレビパートナーのNBCも近いうちにニューヨークで大会を開きたいと思っている」と声明文を出した。

【24日(木)】
・UFCがハーレーダビッドソンとのパートナーシップを複数年延長することを明らかに。2007年より8年間の協力関係にあるUFCとハーレーダビッドソンは、今回の契約延長で米軍人&退役軍人向けプログラム(ファイトパス優待価格、チケット割引きなど)、そして全米のディーラーがPPVイベント=パブリック・ビューイングを開催することなどが柱となるそうだ。

・Bellatorが5月24日(金・現地時間)にアイダホ州ボイジーのセンチュリーリンク・アリーナ大会=Belaltor155 でハファエル・カルバーリョ×メルビン・マヌーフの世界ミドル級選手権試合とパット・カーラン×ジョージ・カラキャニャンのフェザー級戦に続き、ライト級=マーチン・ヘルド×デイブ・ジャンセン、ライトヘビー級=チェイス・ゴーマッリー×ジョー・ベルトラン戦を行うことを発表した。

【27日(日)】
・沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開かれたFIGHT COLLECTION内の修斗公式戦で、ジャックナイフツネオがヨアキム・ハンセンに3‐0の判定勝ち。この他、曹竜也、仲宗根武蔵、魚井フルスイング、アーロン・ジャンセンが勝利している。

・元UFCファイターで現在はUFCアナリストとして活躍しているケニー・フロリアンが4月9日(土・現地時間)&10日(日・同)に開催されるIBJJF主催ニューヨーク・スプリング・インターナショナル・オープンの黒帯マスター1ミドル級にエントリーしていることが分かった。グレイシーバッハへ何度もトレーニングに出かけていたケン・フロの組み技大会の出場は2003年以来、13年振りとなる。

【28日(月)】
・4月16日(土・同)に北京で行われるROAD FC30でホー・ナンナンと対戦予定だったトルコのムラット・カズカンがビザの発給が間に合わず、同大会を欠場。代役でロシアのアレクセイ・ポルプドニコフが出場することがロードFCより発表された。ポルプドニコフは23歳ながら19勝4敗1分の戦績を残しており、前回大会のゲナディ・コヴァレフに続き、ロードFCも本格的にロシア勢の投入が始まったようだ。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie