この星の格闘技を追いかける

【Top FC10】ウィル・チョープがミドルを効かせて、カン・ジョンミンから判定勝ち

<ライト級/5分3R>
ウィル・チョープ(米国)
Def.2-1
カン・ジョンミン(韓国)

ロー、前蹴りを見せるチョープ。カン・ジョンミンはチョープの前進に後ろ走り、止まって右ローを入れる。チョープは下がりながら左ハイを狙い、カン・ジョンミンは左ローを返す。飛び込んで背伸びするように左ジャブを伸ばすカン・ジョンミンが、左ジャブを当てる。前に出たカン・ジョンミンが左ストレートを入れ、ローから左右のフックを放っていく。続いてカン・ジョンミンが放ったスピニングバックキックは急所に入り、試合が中断。

再開後、間合いを測るカン・ジョンミンが左ロー。チョープはリーチこそ長いが、追い足がスピードに欠ける。右ローを蹴られたチョープは右ミドル、続いて左ミドルから右の前蹴りを入れる。カン・ジョンミンの右フックがチョープの頭部を取られたところで初回が終了した。

2R、飛び込んで左フックを入れたカン・ジョンミン。チョープは首相撲からヒザを狙うが、カン・ジョンミンがボディを連打して離れる。チョープの右ローにスピードのあるロングフックを返すカン・ジョンミンは、ジャブとローを被弾しても前進を止めない。カン・ジョンミンは重い右ローからワンツーと積極的に攻め、チョープのパンチや蹴りは上手くさばく。直後に組んできたチョープにカン・ジョンミンがヒザを放つと、これが急所に入り試合が中断。しゃがんでいたチョープが立ち上がると、ソウルのファンから拍手が起こる。

再開後、チョープが右ローを蹴り、前蹴りとローを連続で入れる。対してカン・ジョンミンが飛び込んで右ストレート、これを受けたチョープが構えを変えながらローやパンチで前に出ていく。左フックを打ち合い、チョープがヒザ蹴りを突き上げ2Rも終わった。

最終回、チョープの右ローに右ストレートを合わせたカン・ジョンミン。チョープの左ミドルでカン・ジョンミンの動きが止まり、首相撲で捉えられヒザを突き刺される。パンチの打ち合いから組んできたカン・ジョンミンをギロチンで捉えたチョープは、頭を固定してパンチを打ち込む。カン・ジョンミンが手をマットにつけてヒザ蹴りを顔面にもらわないようにするが、そこに右ヒザを入れてしまったチョープに注意が与えられる。

再開後、前に出るチョープに左フックからヒザを入れるカン・ジョンミン。続いて組みに行ったが、チョープが体を入れ替えヒザをボディに突き上げる。チョープはハイエルボーギロチン、がぶった形になるとカン・ジョンミンがまたもマットを手につく。チョープが首相撲の態勢に入ると、必死に下がって逃れたカン・ジョンミンがフックの連打を打ち込む。チョープは左ミドル&ボディ、左ストレート。頭が揺れるカン・ジョンミンだが、タイムアップに救われた。結果、チョープがスプリット判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie