この星の格闘技を追いかける

【Pancrase276】安永有希と対戦、カポエリスタ=リルデシ・リマ・ディアス 「あんなに動く必要はない」

Rildeci Lima Dias【写真】安永のステップワークとリルデシのカポエイラ殺法、果たしてどのようなMMAが展開されるのか (C)MMAPLANET

13日(日)、東京都江東区ディファ有明で開催されるPancrase276で安永有希と対戦するリルデシ・リマ・ディアス。

昨年7月の初来日の獅庵戦、11月の上田将竜戦と2試合連続一本勝ち中のリルデシは、フィニッシュ同様にカポエイラ流の打撃で見る者の度肝を抜いた。そんなリルデシが、王座挑戦一歩手前というべき、安永戦に臨む。

既に来日しているリルデシの──ブラジルからの声をここでお伝えしたい。

──安永選手を控え、体調はいかがですか。

「100パーセント、準備は整っているよ」

──では精神面はどうですか。

「物凄く試合に向けて集中できている」

──では、安永選手というユニークなスタイルの持ち主との対戦に向け、どのような準備をしてきましたか。

「ヤスナガと戦うために背が低くて、力が強いファイターを想定して練習してきた。凄く良い準備ができているので、神に感謝しているよ。

ヤスナガはトリッキーなスタイルの持ち主で、相手を惑わせることに長けている。ただ、余りに気にしていない。対戦相手の一人でしかないと思っている。それにあの体格なら僕のレンジの中に入って来るしかないからね」

──ステップを多用し、リルデシ選手の正面に立っていることはあまりないかと思われますか。

「良いんじゃないか。スピードがあるし、積極的に動いてくれれば良い試合になるだろう。僕はあんなに動く必要はないけどね」

──これまでインパクトを残す試合をしてきましが、今回はどのような戦いを見せたいですか。

「会場にやってきてくれるファンの皆のために、より完全体となった姿を見せたい。日出国のファンの前でまた戦えることを本当に光栄に思っている。僕は日本のファンの優しさが大好きなんだ」

■Pancrase 276対戦カード

<ネオブラッドTバンタム級/3分3R>
村田康大(日本)
金太郎(日本)

<ネオブラッドTバンタム級/3分3R>
藤野敦史(日本)
山本哲也(日本)

<ネオブラッドTバンタム級/3分3R>
佐藤ヒデキ(日本)
キャプテン禎(日本)

<ネオブラッドTバンタム級/3分3R>
河村泰博(日本)
結城大樹(日本)

<ネオブラッドTフライ級/3分3R>
中村龍之(日本)
田中千久(日本)

<ネオブラッドTフライ級/3分3R>
渋谷和樹(日本)
鮎田直人(日本)

<ネオブラッドTフライ級/3分3R>
小林優(日本)
NavE(日本)

<ネオブラッドTフライ級/3分3R>
若松佑弥(日本)
棚田直樹(日本)

<ネオブラッドTストロー級/3分3R>
MAGISA(日本)
高島俊哉(日本)

<ネオブラッドTストロー級/3分3R>
児玉勇也(日本)
伊藤夏海(日本)

<ウェルター級K.O.P.T./5分5R>
[王者] 鈴木槙吾(日本)
[挑戦者] 村山暁洋(日本)

<フライ級/5分3R>
安永有希(日本)
リルデシ・リマ・ディアス(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
手塚裕之(日本)
ルイス・ドゥトラ(ブラジル)

<バンタム級/5分3R>
コンボイ升水(日本)
ハファエル・シウバ(ブラジル)

<ストロー級/5分3R>
室伏シンヤ(日本)
北方大地(日本)

<バンタム級/3分3R>
福島秀和(日本)
合島大樹(日本)

<バンタム級/3分3R>
清水俊一(日本)
原田惟紘(日本)

<バンタム級/3分3R>
馬場勇気(日本)
TSUNE(日本)

<ストロー級/3分3R>
三谷敏生(日本)
リトル(日本)

<ライト級/3分3R>
原昭仁(日本)
上田厚志(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie