この星の格闘技を追いかける

【WSOF GC02】小見川、苦しい中で前に出てTD&抑えでスプリット判定モノにする

<フェザー級/5分3R>
小見川道大(日本)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
テディ・バイオレット(フランス)

低い構えから右ストレートを打ち込んだ小見川。そのままプレッシャーを掛け、右を再び打ち込む。シングルに出た小見川はバイオレットをケージに押し込みキムラクラッチ。バイオレットはバックを取ってグラウンドへ持ち込むも、スクランブルのなかで立ち上がる。鋭い右アッパーを放ったバイオレット。間一髪かわした小見川が組んで胸を合わせる。前方に崩そうとする小見川に対し、バイオレットは小手を巻いて耐える。小見川は足払いを見せたが、崩せず距離を取り直した。

ここでバイオレットがアッパーからショートを連打する。離れた小見川だが、やや疲れたか。小見川の体が流れると、バイオレットのパンチが襲いかかる。ヒザ蹴りからパンチにつなげようとしたバイオレット、小見川は組んで足払いから払い腰でテイクダウンに成功する。サイドで抑えた小見川は肩パンチ、バイオレットはケージを蹴るが抑え込み続け頭を跨いだところで初回が終わった。

2R、小見川の右をよけて左ジャブを伸ばすバイオレット。続いてバイオレットは左ローから、ワンツーを伸ばす。フックを頭で受ける小見川のパンチは届かない。対してバイオレットはショート、下がりながら左を入れる。小見川の右を受けたバイオレットがダブルレッグを仕掛け小見川はギロチンも極めきれない。試合がスタンドに戻ると、バイオレットの左ローが急所を直撃し試合が中断する。再開後、頭を低くして前に出てくる小見川にバイオレットはアッパーを狙う。

バイオレットはスピニングバックフィストも空振りするなど、徐々にパンチが大振りになってきた。そして左ローが再び、小見川の急所に当たってしまう。大きな音がし、ケージを背に横たわる小見川。レフェリーがバイオレットにセコンドを通訳として注意を与える。再開後、右から左を入れた小見川。バイオレットが飛びヒザも小見川はブロック。バイオレットも口を開けて苦しそうな表情を浮かべる。回し蹴りでスリップしたバイオレットのトップを取った小見川は、力任せの横三角を受け流しラウンドを戦い終えた。

3R、右で前に出る小見川。右ローを入れると、バイオレットはフックを返すが踏み込みはなく足が揃ってきた。ここで小見川が左をヒットも、バイオレットもアッパーからショート、さらにヒザを入れる。ここで下がらず前に出た小見川は、ダブルレッグでテイクダウンに成功する。頭を抱えた小見川はしっかりとトップを奪取する。バイオレットが手首を掴んでパンチを懸命に防ぎ、自らはエルボーを頭部に入れる。

小見川は肩パンチ、体を起こして右のパウンドを落とす。ここで立とうとしたバイオレットは、バックに回りこみに。前方に落とした小見川がサイドから抑える。残り1分、ケージを蹴って逃げようとしたバイオレットをそのまま抑え込む小見川は肩パンチへ。そのまま小見川がトップをキープし、試合はタイムアップに。両者、両手を広げて勝利をアピール――結果、スプリットで小見川がタフファイトを制した。

勝利者インタビューで、感涙にむせぶ小見川。声を振り絞って「今日はありがとうございます。本当にクソみたいな試合をして申し訳ございませんでした。もっと良いパフォーマンスを見せたかったです。まだまだ、俺はやります。命果てるまで頑張りたいと思います。これからも応援お願いします」と魂の言葉を伝えた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie