この星の格闘技を追いかける

【ONE37】3R通じ、テイクダウンからトップキープした渋谷がドリゲスから判定勝ち

<フライ級/5分3R>
渋谷莉孔(日本)
Def.3-0
ロイ・ドリゲス(フィリピン)

明らかに体格で上回る渋谷。いきなり右ハイを狙った渋谷に対し、ドリゲスはジャブを伸ばす。ドリゲスのハイをかわした渋谷は、続く前進に組みついてテイクダウンに成功する。ガードのなかから細かいパンチを入れる渋谷は、左エルボーにつなげる。渋谷は引き続き右のパウンド、ドリゲスのハイガードにもエルボーを入れる。ドリゲスのヒールで尻餅をついた渋谷だが、すぐに起き上がってトップをキープ。このまま上を取り続けた渋谷が攻勢のまま初回を戦い終えた。

2R、右ジャブから左フックを伸ばしたドリゲス。足を滑らした渋谷はすぐに立ち上がる。ドリゲスの左ボディストレートを防いだ渋谷が、ここもテイクダウン。左で顔面を殴り、右でボディを打つ渋谷。ドリゲスはクローズドガードを続け、スクランブルに持ち込むような動きは見せない。

残り2分30秒で立ち上がったドリゲスをケージ際に押し込んだ渋谷。離れてパンチにテイクダウンを合わせていくがこれは体が伸びすぎで失敗。右ストレートから右ハイを入れた渋谷は、右フックを見せた直後にダブルレッグを決める。右エルボーを落とした渋谷は、左エルボーを連打し腰を上げて右のパンチへ。渋谷は腕十字狙いにもしっかりと反応し、問題なく2Rもリードした。

最終回、ドリゲスの右ジャブに右ハイを合わせようとした渋谷は、前蹴りから右フック、ダブルレッグへ。シングルに切り替えトップを奪取。一方的な試合展開となり、ドリゲスはクローズドガードを続けるのみ。起き上がって振りかぶりながらパウンドを落とした渋谷は、離れて立ち上がるがすぐにガードのなかに。最後の最後に立ち上がってローを蹴り込んだ渋谷は、問題なく判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie