この星の格闘技を追いかける

【UFC】164でキムラ×ギャグノン、FOX08はカード変更続々

2013.07.12

Dustin Kimura

【写真】キレのある寝技と、打ち合いも厭わないボクシング。ダスティン・キムラが7カ月ぶりにオクタゴンへ上がる (C)MMAPLANET

11日(木・現地時間)、UFCが9月21日(土・同)にカナダ・トロントのエアーカナダ・センターで行われるUFC164の対戦カードと、今月27日(土・同)にワシントン州シアトルのキー・アリーナで開催されるUFC FOX08の変更カードの発表を行った。

ジョン・ジョーンズ×アレキサンダー・グスタフソンのUFC世界ライトヘビー級選手権試合がメインとなるトロント大会で組まれたのは、ハワイのダスティン・キムラとミッチ・ギャグノンのバンタム級戦。今年3月のモントリオール大会で、田村一聖との試合を負傷キャンセルしたギャグノンは、UFC初陣で体重を落とし切れなかったキムラと対戦することとなった。暫定世界バンタム級選手権試合ヘナン・ベラォン×エディ・ワインランド戦が組まれるトロントで、両者揃って存在感を示したいファイトとなる。

次回大会となるUFC FOX08は、ここにきて慌ただしく対戦カードの変更が見られる。ロビー・ローラーと対戦予定だったシアー・バハドゥルサダが負傷欠場、もともとタレック・サフィジーヌの代役シアーに代わり、ボビー・ヴォルカーがローラーのUFC復帰2戦目の相手を務めることとなった。ヴォルカーは8月のインディアナ大会でジェイムス・ヘッドとの試合が組まれていたが繰り上げ出場となり、ヘッドには新たな対戦相手が与えられることに。

またボビー・グリーンの欠場により、ダニー・カスティーロはティム・ミーンズと戦い、ヘビー級のTUFシーズン対決ブレンダウン・シャウブ×マット・ミトリオーネ戦も、ミトリオーネの負傷により、別大会で組まれることが決定している。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie