この星の格闘技を追いかける

【UFC192】ベナビデスがバガウティノフに決め手のない判定勝ち

<フライ級/5分3R>
ジョセフ・ベナビデス(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
アリ・バガウティノフ(ロシア)

とも構えを代えて間合いを測る序盤、まずはベナビデスがパンチを振るいながら前に出る。下がって右アッパーを狙うバガウティノフ。基本オーソのバガウティノフだが、時折りサウスポーからカウンターを狙う。ベナビデスの左ハイ、バガウティノフの右ストレートが交錯する。ローの蹴り合いからベナビデスは左ミドルハイを2発、バガウティノフが待ちの態勢を続ける。ベナビデスの前進にアッパーを狙うバガウティノフだが、そこはベナビデスも先刻承知、パンチを放ってはすぐに離れる。相手の動きに互いが過剰に反応するようにスプロールしあった両者、ベナビデスは左目尻をカットしかなりの流血が見られる。

2R、初回と同様にカウンター狙いのバガウティノフ。一瞬の接点のなかで、パンチを放つバガウティノフに対して、ベナビデスは組みつく素振を見せる。ベナビデスが蹴りで上体を反らせておいて、左ストレートをヒット。続いて右ミドルを入れ、バガウティノフが前に出てくるように仕向ける。カウンター重視のバガウティノフは、時折り左フックを放って前に出るように。一発で離れる動きが染みついている両者は、距離が近づく局面が極端に少ない。と、ベナビデスがテイクダウン狙いのフェイクから右を伸ばす。

バガウティノフもシングルから、足を取った状態でフックを振り回す。残り20秒で蹴り足をキャッチしたバガウティノフがベナビデスに尻餅を着かせることに成功する。その後も大きな動きはなく、判断が難しいラウンドとなった。

最終回、バガウティノフの右がベナビデスに届く。ニータップを防いだバガウティノフは、ワンツー、ベナビデスも右フックを返す。ベナビデスは左ミドルを放つが、やはり距離は縮まらずバガウティノフのテイクダウン狙いをスプロールする。距離を詰めたベナビデスは首相撲からヒザ蹴り、離れて高さを変えて蹴りを狙う。残り2分、前に出るのはベナビデスだが、回って戦うバガウティノフを捉えることができない。手数はベナビデスが上回るも、バガウティノフがボディロックからテイクダウン。ベナビデスは即立ち上がったが、残り10秒でも有効打はないまま試合はタイムアップに。結果はベネビデスが判定勝ちを手にしたが、ヘンドリックス×ウッドリー戦消滅を受けてPPVカード入りしたが、インパクトは残せなかった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie