この星の格闘技を追いかける

【UFC159】パット・ヒーリーがマリファナ陽性、謝罪のコメント

2013.05.15

4月27日(土・現地時間)、ニュージャージー州ニューアークのプルデンシャル・センターで開催されたUFC159「Jones vs Sonnen」で、ジム・ミラーを破りファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得したパット・ヒーリーが、マリファナ使用によるドラッグチェックでポジティブ反応が出た。

両者の対戦結果はノーコンテストとなり、さらにボーナスも没収されることとなったパット・ヒーリーが、イリジウム・スポーツエージェンシーを通して、以下の謝罪のコメントを発表した。

パット・ヒーリー
「まず、UFC、ジム・ミラー、MMA社会、そしてファン、家族、チームメイトとコーチにUFC159後に行われたマリファナ使用によりポジティブ反応がテストで出たことを謝罪します。
 UFCとステートコミッションのドラッグポリシーを分かっていながら、全くもって貧相な選択をしてしまいました。UFCとコミッションの下す罰則に従う。MMAがクリーンで安全で、フェアな競技として確立することに力を尽くします。
何よりも一番に自分の犯した罪を認め、このような選択をしたことによって起こる数々の影響と向き合っていきたいと思います。今後、UFCとコミッションの要請の全てに応えていくつもりです。そして、MMA界の模範となれるよう自覚した行動を取っていくようにします」

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie