この星の格闘技を追いかける

【ADCC2015】最重量+99キロ級優勝は極められなくても、極めさせないオーランド・サンチェス

Orlando Sanchez【写真】いかにも倒されず、極められにくそうな体格のオーランド・サンチェス (C)GLEIDSON VENGA

8月29日(土・現地時間)から30日(日・同)にかけて、ブラジル・サンパウロにてアブダビコンバットクラブ(ADCC)主催の世界サブミッション選手権が行われた。2年に1度、世界最高峰の組業師たちを集めて行われるこの大会。今年もグラップラーの祭典と呼ぶに相応しい強豪たちが集まった。実質上ギ無しグラップリングの世界最強決定戦といえるこの大会、今回は最重量の99キロ以上級の模様を紹介したい。

<99キロ以上級準々決勝/10分1R>
オーランド・サンチェス
Def. by レフェリー判定
ディーン・リスター

キングスMMAにてファブリシオ・ヴェウドゥムらとともに練習に励み、MMAでも5勝無敗の戦績を持つオーランド・サンチェスは、冷蔵庫の如き体のリスターよりもさらに分厚い胸板と、短い手足と首を持った戦車タイプの体型の持ち主。ダン・ボビッシュのような体といえば、古くからのMMAファンの方は想像が付くだろうか。そんなサンチェス相手にリスターは下から対抗しようとするが、仕掛けをことごとく切られて延長に。やがてパスの圧力をかけられると、亀になり上からのしかかられてしまう。下から巻き込みを狙うリスターだが、サンチェスはうまく体重をかけてその動きを封じる。一度は脱出したリスターだったが、その後再び亀の体勢で体重を浴びせられ、動けないまま試合終了。結局サンチェスがレフェリー判定をものにした。

<99キロ以上級準決勝/10分1R>
オーランド・サンチェス
Def. by レフェリー判定
ヴィニー・マガリャエス

前日はエディ・ブラボー譲りのツイスターを極めるなど好調をアピールした前々回大会の優勝者のマガリャエスだが、特殊体型のサンチェスに苦戦。下からの攻撃を仕掛けるものの、リスターと同じく圧力をかけられ亀になると体重を浴びせられ動きを封じられてしまう。結局この試合もサンチェスがレフェリー判定で勝利。極めに行かず、パスもせずに体重を利して相手を押さえつけるサンチェスの戦い方に、場内からはブーイングも飛んだ。なおマガリャエスは、続く3位決定戦ではジョアオ・ホシャをヒールで仕留めて3位入賞を決めている。

<99キロ以上級決勝/20分1R>
オーランド・サンチェス
Def. by レフェリー判定
ジャレド・ドップ

その恵まれた(?)体型を活かしてポイントを奪わずに準々、準決勝を制したサンチェスと決勝で当たったのは、前回大会で紫帯ながらヴィニー・マガリャエスやレオ・ノゲイラを下して名を挙げたジェレド・ドップ。今年も1回戦で柔術世界王者ゲイブリエル・ルーカスを倒している。まだあまり名の知られていないアメリカ人同士の最重量級決勝戦がこのサンパウロで実現した。

決勝戦は、最初から引き込みによるマイナスポイントが加算されるとあって、お互いスタンドの攻防。組み付いたサンチェスはボディロックから抱え上げ、テイクダウンを奪ってみせるが、まだ前半とあってポイントは加算されず。その後ドップが立ち上がり試合がスタンドに戻ると、お互いテイクダウンを許さないまま20分が経過。10分間の延長に突入しても、試合展開は変わらずに再延長戦に持ち込まれた。ここで前に出たサンチェスは、小外刈りからテイクダウンに成功する。抑え込まれる前に立ち上がったドップの背後に付くと、さらに抱え上げて豪快なスープレックスで2度ドップを投げ捨てる。ドップはここでも抑え込まれる前に立ち上がったためにポイントこそ入らなかったものの、ジャッジに強い印象を与えてみせた。結局これが決定打となり、サンチェスがレフェリー判定を制して初優勝を飾った。

準々決勝以降の3試合、ただの1ポインドも取ることなく、また失うこともなかったサンチェス。いってみれば相手の攻め手を封じこんで優勝を果たした形となったが、決勝戦で勝利を告げられるとサンパウロの観衆からは一斉にブーイングが飛んだ。ともあれ、組み技世界一決定戦という舞台で、サンチェスが世界超一流のグラップラー達に攻撃を許さず、「組み」の攻防をことごとく制してのけた事実は揺るがない。

それが人を魅了するかどうかはともかくとして、確かに「組みの強さ」の一つの形を体現したサンチェスの戴冠劇だった。

■リザルト

【99キロ超級】
1位 オーランド・サンチェス(米国)
2位 ジャレド・ドップ(米国)
3位 ヴィニー・マガリャエス(ブラジル)
4位 ジョアオ・ホシャ(ブラジル)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie