この星の格闘技を追いかける

【Invicta05】元ベラトールの女王ゾイラ、マイアに打撃で打ち負ける

2013.04.06

<女子フライ級/5分3R>
ジェニファー・マイア(ブラジル)
Def.3-0:30-27, 29-28,29-28
ゾイラ・フラウスト・グージェル(米国)

待望のインヴィクタ初陣を迎えたゾイラ。まずは、思い切り右前蹴りから左ローを放っていく。距離をしっかりとったマイアに対し、ゾイラは右に回りながら前蹴りを繰り出す。マイアは組みついてゾイラをケージに押し込むと、細かいヒザを蹴り上げる。ケージ際から逃れることができないゾイラは、ヒジを押し込み懸命に押し返そうとする。と、残り2分でレフェリーが両者を分ける。

遠い距離から左ハイを見せたマイアが、フックを振るいながら距離を詰め再び、ケージに押し込んでいく。一度は体を入れ替えたゾイラだが、すぐに戻される。が、足払いからマイアを転がし、立ち上がってきたところでヒザ蹴り。マイアはひるむことなく、パンチを打ち込みながら初回を戦い切った。

2R、初回と同じようにマイアがゾイラをケージに押し込む展開が続く。ブレイク後、前蹴りで距離を取りに行くゾイラだが、マイアのパンチに真っ直ぐ下がり、ケージに追いやられていく。自ら距離を取るようになったマイアが、前蹴りから右ハイと打撃戦をゾイラ相手に挑む。跳びヒザで前に出てきたマイア。ゾイラはその蹴り足を掴んでテイクダウンを狙うも、またも体を入れ替えられケージに押し込まれてしまう。

最終回、前のラウンドは劣勢の感が拭えなかったゾイラは、左ストレートを伸ばす。ヒザで答えるマイアが左ミドルから、右フックと攻勢を握り、ここでもケージにゾイラを押し込む。ゾイラは右エルボーを打ち込み、態勢を入れ替える。ボディロックからテイクダウンを狙うマイアは、両ワキを差して引き続き押し込みを続ける。

残り2分30秒、レフェリーのブレイクが入り打撃の間合いに戻ると、マイアは左ハイからゾイラを押し込む。態勢を入れ替えたゾイラだが、すぐに脇を差される。距離を取りなおしたマイアは、左ハイから右ストレート、距離を詰めて左右のフックでゾイラを攻め込む。メイアは左のエルボーから、右ヒザを入れる。ゾイラは首投げを決めるも、すぐに立ち上がったマイアが逆にトップを奪う。

ゾイラもすかさず立ち上がって、試合終了の合図と同時にフライングアームバーを狙ったが、不完全燃焼、覇気とベラトール時代の野性味のないファイトに終始した。結果、0-3の判定負けでベラトールの女王はインヴィクタ初戦を落とした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

WEF X Arzalet

ONE DAY