この星の格闘技を追いかける

【MMA SALON】好勝負続いたBellatorで、ロシアの力再び

Bellator MMA 88

【写真】好勝負が連続したBellator MMA (88)。ロシア勢がシーズン7に続き、印象深い活躍を続けている(C)MMAPLANET

オンタイムで終えなかった大会を後追いでレビューする、ネット媒体のレポートと思えないMMA SALON。今回は7日(木・現地時間)にジョージア州ダルースのグヴィネット・センターで開催されたBellator MMA(88)の模様をお届けします。

メインのBellator世界ミドル級王座決定戦は、距離を詰めてテイクダウンやバック狙いのマイケル・ファルカォンに対し、遠い距離でなく接近戦で勝負に出たアレキサンダー・シュレメンコがボディへのヒザから、ボディブロー。最後はパウンドで勝負を決め、ヘクター・ロンバードが返上したベルトを2度目の挑戦で手にした。

フェザー級トーナメントは3度目の正直を狙うマルロン・サンドロが、ロシアのアコップ・ステパーニャンの後ろ回し蹴りに大苦戦を強いられる。ペナルティ絡み+運を味方につけたようなジャッジで準決勝進出を決めたサンドロだったが、ステパーニャンの打撃に苦戦した印象が強い。もう一人ロシアから参戦しているマゴメドラスル・カスブラエフは、ファブリシオ・ゲヘイロ相手に、テイクダウン、パウンド、足関節から絞めとアグレッシブな姿勢を見せ続け、肩固めで快勝。トーナメントの台風の目に躍り出た。

この他の2試合もマイク・リッチマンは米国対決で、ミッチ・ジャクソンをハイキックからパウンド葬、ブラジリアン対決はアレッシャンドリ・ポポがジェナイル・ダシウバから腕十字で一本勝ちと、好勝負が続いたイベントとなった。

■Bellator MMA88の詳細はコチラから。

<Bellator世界ミドル級王座決定戦/5分5R>
アレキサンダー・シュレメンコ(ロシア)
Def.2R2分18秒by TKO
マイケル・ファルカォン(ブラジル)

<フェザー級T準々決勝/5分3R>
マルロン・サンドロ(ブラジル)
Def.2-0:29-27, 29-27, 28-28
アコップ・ステパーニャン(ロシア)

<フェザー級T準々決勝/5分3R>
マイク・リッチマン(米国)
Def.1R4分57秒by TKO
ミッチ・ジャクソン(米国)

<フェザー級T準々決勝/5分3R>
アレッシャンドリ・ポポ(ブラジル)
Def.1R1分40秒by 腕十字
ジェナイル・ダシウバ(ブラジル)

<フェザー級T準々決勝/5分3R>
マゴメドラスル・カスブラエフ(ロシア)
Def.2R1分15秒by肩固め
ファブリシオ・ゲヘイロ(ブラジル)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY