この星の格闘技を追いかける

【ONE27】青木が王座防衛に成功、安藤のジャブを被弾もテイクダウン&グラウンドで圧倒

<ONE世界ライト級選手権試合/5分5R>
[王者] 青木真也(日本)
Def.3-0
[挑戦者] 安藤晃司(日本)

サウスポーの両者、じりじりと前に出ていく青木が前蹴りと右フックを見せつつ、ダブルレッグで安藤をケージに押し込む。安藤も両腕を差して距離を取ろうとするが、青木はシングルレッグに切り換えつつ、しつこくテイクダウンを狙う。粘る安藤にしりもちをつかせた青木は、足を束ねて両足を持ち上げて安藤を寝かせる。

ハーフガードで上になった青木はヒジと鉄槌を落とし、トップポジションをキープする。残り30秒、立ち上がった青木は中腰からパンチを落とす。青木は安藤のフックガードを潰しながらヒジを入れ、安藤の立ち際を狙ってヒザ蹴り。青木がダブルレッグでケージに押し込んだ形でラウンド終了となった。

2R、お互いに手で距離を取りつつ、安藤が右ジャブ、青木も右ヒジを返す。一旦、間が空くと、青木が右ミドルと右ハイキック。安藤はジャブで距離を詰める。右ミドル・右前蹴り、左ストレートも当てる青木。安藤もじりじりとプレッシャーをかけて左ボディストレート、顔面へのジャブにつなげる。安藤が徐々にジャブを当てて左ストレート、青木も右フックを返すが、安藤が前に出続ける。

3R、プレッシャーをかけていく青木に対して、安藤がジャブを当てる。2Rよりも距離が近い攻防になり、青木がシングルレッグからテイクダウンを奪う。ハーフガードで上になった青木は上体を固めてパンチを落とし、安藤のフックガードを超えてマウントポジションに移行する。

青木は安藤をしっかりと抑え込んでヒジを落とし続け、残り30秒で腕十字へ。安藤は両腕をクラッチしてディフェンスするが、青木はそこに鉄槌とヒジを落とす。

4R、青木がシングルレッグで組みついてテイクダウン。安藤の腰をコントロールして、背中をマットにつけさせる。すぐさま安藤のフックガードを超えてマウントポジションを奪うと、安藤の動きに合わせてバックに回り込む。

両足を深くフックした青木はコツコツと顔面にパンチを入れ、安藤は顔面をガードするだけのディフェンス一辺倒になってしまう。ラウンド序盤にテイクダウン・バックを奪った青木がポジションをキープし続けるラウンドとなった。

最終ラウンド、ジャブからプレッシャーをかけていく安藤。青木はインローを蹴って距離を取る。安藤は青木のダブルレッグを切ってジャブ、青木は右ハイキックを狙う。ここで青木がジャンピングガードで引き込む。青木が下から蹴り上げ、安藤が左のパンチを一発落としたところでレフェリーはブレイクを命じる。

ブレイク後、すぐにパンチで前に出ていく安藤。青木は下がりながらジャブを返し、タックルを狙うが距離が遠い。青木は再びジャンピングガードで引き込もうとするが、安藤は付き合わず、スタンドを要求する。青木は胴廻し回転蹴りからガードポジションを取るなど、徹底して安藤の打撃に付き合わず。このまま試合終了となり、青木が判定勝利で王座防衛に成功した。

試合後、青木は「厳しい試合でした。でもシンガポールでイヴォルブのみんなが応援してくれたから勝てました」とマイク。「今日はゾロが(安藤に)負けたから試合をしたんですけど、ゾロが会場に来てません(苦笑)。でも僕はゾロが好きだから一緒に頑張っていこうと思います」と盟友ゾロバベル・モレイラに言葉を送った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie