この星の格闘技を追いかける

【UFC156】体重超過のキムラ、サブミッションでカムス破る

2013.02.03

<139ポンド(63.05キロ)契約/5分3R>
ダスティン・キムラ(米国)
Def.3R1分50秒by リアネイキドチョーク
チコ・カムス(米国)

カムスの右で腰が落ちたダスティン、さらに右ストレートからボディロックを許しテイクダウンを奪われる厳しいスタートに。ハイガードのダスティンに対し、カムスは腕をクラッチし引き寄せ、さらに腰をコントロールしてリストを許さない。ならばとオモプラッタに入ったダスティンはリバーサルからトップを奪う。

パウンドを嫌がったかカムスが背中を見せると、そのままバックへ。前方に振り落されたダスティンは、ヒップスローやキムラを狙うも、カムスがしっかりと腰をコントロールし抑え込みを続ける。カムスが体を起こしてパンチを狙うと、腰を切って仕掛けを見せるダスティンだが、そこもカムスは刷り込み済みで、トップキープのまま初回を戦い終えた。

2R、ダスティンの左ジャブに右ローを合せるカムス。ローから前蹴り、ステッピングを続けるカムスが、距離をコントロールする展開が続く。カムスの踏み込みに合わせダスティンもショートの連打を見せるが効果的なヒットは見られない。

追いかけるステップから、先回りをするステップに切り替えつつあるダスティンのジャブや右ストレートがカムスの顔面を捉える。ここでカムスが組みついてドライブ、ケージにダスティンを押し込んでいく。ボディへのヒザを見せたカムスは、態勢を入れ返されそうになるとスッと距離を取りダスティンを誘いだしてテイクダウンを奪った。オモと三角の連係を見せるダスティンは、カムスの回転に合わせて三角を完成させ、右腕を伸ばすがここで2Rがタイムアップ。腕は大丈夫だとアピールするカムスにブーイングが送られる。

3R、左ジャブを伸ばすダスティン。右ボディを打ち込むも、距離を取ったカムスがシングルレッグでドライブし、またもケージに押し込んでいく。自ら距離を取ったカムスは右ストレートをヒットするが、テイクダウンを潰されトップからバックを奪われる。両足をフックしたダスティンはパウンドから、リアネイキドチョークへ。カムスがタップをし、体重を守れなかったキムラに、場内から大歓声が送られた。

PR
PR

関連記事

Movie