この星の格闘技を追いかける

【AXS TV Superfight 01】タウンゼントがビルフォートを下し、対抗戦はRFAが2-1でレガシーをリード

<ライト級/5分3R>
アダム・タウンゼント(米国/RFA)
Def.3-0:30-27, 30-27, 29-28
ユーリ・ビルフォート(ブラジル/Legacy FC)

タッチグローブを拒否した両者。足を使い構えもスイッチするビルフォートに対し、タウンゼントが右ハイ、右ストレートを見せて組み付く。離れたタウンゼントにビルフォートが前蹴りから右ハイ、左ジャブを伸ばす。怯まず右ストレートを返すタウンゼントは、ビルフォートが首相撲で組もうとすると右フックを入れる。ビルフォートのテイクダウン狙いをスプロールしたタウンゼントが逆に組み付いてケージに押し込む。すぐに体を入れ替えたビルフォート、タウンゼントは離れて回転の速い左右の連打を見せる。ビルフォートは左ジャブを入れても、タウンゼントにプレッシャーをかけることができず、組まれてケージに押し込まれる。タウンゼントが右を入れて離れると、ビルフォートは続くミドルをキャッチしてシングルレッグへ。尻餅をついたタウンゼントだが、すぐに立ち上がって胸を合わせる。逆にシングルを仕掛けるタウンゼント、ビルフォートがケージを背にして耐えるなかショートフックを連打した。

2R、ビルフォートが引き続き左ジャブを放つも、タウンゼントがフックを返す。ここでビルフォートがスイッチし、右ジャブを連続で決める。タウンゼンは組んでケージにビルフォートを押し込むもテイクダウンは奪えない。フックを連打されたビルフォートが、ギロチンから引き込む。クローズドガードで固めるも、絞めはルーズになり頭を抜いたタウンゼントが立ち上がる。

疲れが見えるようになったビルフォートが、パンチを受けてケージに釘付けにされる。ヒザをボディに返すのが精いっぱいのビルフォートに対し、ついにタウンゼントがダブルレッグでテイクダウンを決める。ビルフォートはギロチンで対抗したが、タウンゼントは頭を抜いてスタンドへ戻る。左ストレートを伸ばすビルフォートは肩で息をし、口が開いている。執拗に組み付いて細かいパンチを続けるタウンゼントが離れると、ビルフォートは飛びヒザ。これは当たらず、タウンゼントが左右のパンチを振りながら前に出たところで、ラウンド終了となった。

最終回、パンチを見せる両者。勢いがあるのはタウンゼントで、ビルフォートは足を使うも気が付けばケージを背負ってしまう。右ジャブから前に出たビルフォートは、ワンツー受けてケージ際に下がると、左右の連打をボディに被弾する。飛びヒザから組みに行ったタウンゼント、ビルフォートが大きな動きでスプロールし両手をマットにつくがすぐに立ち上がる。

ここでも右腕を差してケージにビルフォートを押し込み、左のフックを入れるタウンゼント。ビルフォートはギロチンを狙うもセットアップに至らない。残り90秒、ケージの前を回るビルフォートが左ストレートから、左ストレートを伸ばす。これらのパンチもやはり勢いがなく、右フックを逆に被弾し、動きが止まってしまう。そのまま勢いに乗って連打を見せたタウンゼント、ビルフォートは劣勢のままタイムアップを迎えた。結果、ジャッジの裁定は3-0 で対抗戦はRFAが2勝1敗とした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie