この星の格闘技を追いかける

【AXS TV Superfight 01】ベリチコビッチがスクランブル戦制し、まずはRFAが先勝

<ウェルター級/5分3R>
ボヤン・ベリチコビッチ(セルビア/RFA)
Def.3-0:30-27,30-27,30-27
チャールズ・バード(米国/Legacy FC)

RFA×レガシー対抗戦、サウスポーのベリチコビッチにバードが組みついてケージに押し込むが、体を入れ替えられ顔面にエルボーを受ける。ベリチコビッチは首相撲からヒザを入れるも、離れた直後に右ストレートを打ち込まれダウン。ガードを取るベリチコビッチに対し、バードは足を一本抜いて肩固めを仕掛ける。足を戻され、極めきることはできなかったバードだが、腕十字をかわしてスクランブルのなかでバックへ。胸を合わせたベリチコビッチがテイクダウンを奪うと、今度はバードが腕十字に。これも極まらず、ベリチコビッチがハーフからパンチを入れ、立ち上がり際にバックに回る。ならばとバードが胸を合わせてダブルレッグへ。同体で両者が立ち上がったところで初回が終わった。

2R開始直後にテイクダウンを奪ったベリチコビッチ、バードがケージを背にして立ち上がる。ボディロックからバックに回り、バードを前方に崩したベリチコビッチが再びケージに押し込んで2度目のテイクダウンに成功する。ベリチコビッチは肩固め、さらにアームロックと攻め込み、バードは防戦一方に。続いてギロチンを仕掛けたベリチコビッチは、頭を抜いて立ち上がったバードに対し、すぐに寝技に持ち込む。最後はパスからサイドを取ったベリチコビッチが、ラウンドを取り返した。

最終回、すぐにダンブルレッグで組みついたベリチコビッチ。バードはケージに押し込まれ頭を抱えギロチンへ。そのままトップを取ったバードがスクランブルのなかでバックへ。胸を合わせたベリチコビッチが、シングルから腰を抱えダブルに移行しテイクダウン。立ち上がったバードがエルボーを入れた直後にダブルでテイクダウンを奪い返す。ベリチコビッチは腕十字を防ぐためにバードが立ち上がるのに合わせて、足に組み付いてトップを取り返す。パンチを落とすベリチコビッチは、バードの腕十字を担いでパスからマウントを奪取する。背中を向けたバード。ベリチコビッチは両足をフックしRNCへ。上を向いてブリッジでバードが立ち上がり、試合はタイムアップに。

両者揃って積極的な仕掛けのなかでスクランブルを制したベリチコビッチが、RFAに最初の白星をもたらした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie