この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX06】ミッチェルがフルマークの判定でUFC初勝利

2013.01.27

<ウェルター級/5分3R>
デビッド・ミッチェル(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27,30-27
シメオン・ソーレンセン(ノルウェー)

左を伸ばすソーレセン。ミッチェルがジリジリと距離を詰め、細かいボディを連打する。ミッチェルの右に距離を取るソーレンセンだが左フックを受ける。手数の少ないソーレンセンだが、距離を詰めてワンツーを放つ。右を返したミッチェルは、左フックを再び打ち込むも、ソーレンセンのパンチを連続で被弾する。

ケージ際で右ストレートを決めたソーレンセン、ミッチェルが右アッパーを返す。ミッチェルの左からのワンツーが決まった直後に初回がタイムアップとなった。

2R、開始早々に距離を詰めてパンチを打ち込んだミッチェル。ワンツーを連続で受けたソーレンセンがしゃがみこんでしまう。亀の態勢のソーレンセンから、バックマウントを奪ったミッチェルだったが、腕を足でフックでしたことが災いし、バックに回れずインサイドガードへ。

右パウンドを連続で落すミッチェルに対し、ソーレンセンは腕十字を仕掛けるがすぐに察知される。フックガードのソーレンセンの左足を取ったミッチェルが足関節に。自ら両足のフックを解くも、ソーレンセンのダブルレッグを受けて下に。と、ミッチェルはゴゴプラッタへ。腕を引抜いたソーレンセンはパス狙いで、頭を胸につけたところでガードからパンチを受ける。

蹴り上げをうけてなお、パスを狙ったソーレンセンに三角絞めを仕掛けたミッチェルが、足関節を防いでトップを取り返す。ミッチェルは立ち上がってボディへのスタンプから、思い切り右のパウンドを落してラウンド終了を迎えた。

最終回、ソーレンセンの右を受けながら左を返すミッチェル。右アッパーに左フックを合わされ、やや姿勢を乱す。ここでミッチェルは組みついてダブルレッグでテイクダウン。ミッチェルが立ち上がると、ブレイクが命じられ試合は再び打撃戦へ。スタミナ切れか、動きが止ったミッチェルにソーレンセンがヒザを蹴り上げ、ローでバンランスを狂わせる。ミッチェルは引き込みからハイガード、オモプラッタを仕掛けるもソーレンセンがここを切り抜け、パスを狙っていく。

ラバ-ガードでソーレンセンの動きを止めたミッチェルが、スイープを決めたところで試合終了を迎えた。結果、フルマークでミッチェルが勝利した。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie