この星の格闘技を追いかける

【HERO LEGEND】英雄伝説がACL=アジア・チャンピオン・リーグ開催。佐藤嘉洋も会見に登場!!

Hero Legend【写真】シュー・イェン、ヨーセングライ・フェアテックスと共に英雄伝説72キロ級世界王者の佐藤嘉洋も会見に出席した(C)CFP

3月30日(月・現地時間)、中国広東省深圳市の英雄伝説国際トレーニングベースにて、2015年度英雄伝説イベントに関する記者会見が開かれ、日本から5月4日(月・祝)にKrash54でジョーダン・ピケオーと対戦する佐藤嘉洋、中国よりシュー・イェン、そしてタイからヨーゼングライ・フェアテックスらが出席した。

武林風、クンルンファイトと並び中国3大キックイベントといっても過言でない英雄伝説では、本年度より、中国の国家機関である中国国家体育総局武術運動管理センターとの協力体制を強化し、イベント開催の安定化や広範囲に渡る中国人選手の発掘、そして公平・公正な審判制度など、国際化を目指し新たなスタートを切ることになった。

会見の席上、英雄伝説プロモーターのジョー・グオジュン氏により、5月から7月にかけてアジアチャンピオンリーグ(ACL)戦と銘打ち、中国×タイ、中国×日本という3カ国でトーナメントを行い、8月末には各階級を制した4選手によるアジアチャンピオン決定戦を開催することが発表された。中国チームに関してはトライアウトにて若手選手を広く募集し、このリーグ戦に積極的に起用することを約束。

また、ジョー氏は英雄伝説世界72キロ級チャンピオン佐藤嘉洋と世界57キロ級チャンピオン伊澤波人の初防衛戦も、年内に組むことを示唆した。つまり、昨年5月のシュー・イェン戦の際に暫定王座に認定された佐藤嘉洋が英雄伝説の正規72キロ級王者であることを明言するとともに、中国格闘界でもトップスターにすべく、プッシュする構想を明らかにした。

なおトライアウトは4月10日(金・同)と11日(土・同)の2日間、リーグ戦構想に準じた60キロから72キロまで4階級で行われており、まずは5月の中国×タイの対抗戦に出場するメンバーを選抜中。日本とタイからの出場選手に関しては、中国でトライアウトから選抜された選手たちと差が少ないよう調整することが主催者の間で確認されている模様だ。

■第1季 英雄伝説アジアチャンピオンリーグ戦スケジュール

中国×タイ
5月8日 60キロ級8人トーナメント準決勝まで
5月15日 64キロ級8人トーナメント準決勝まで
5月22日 68キロ級8人トーナメント準決勝まで
5月29日 72キロ級8人トーナメント準決勝まで
6月5日 中泰各階級決勝戦

中国×日本
6月26日 60キロ級8人トーナメント準決勝まで
7月3日 64キロ級8人トーナメント準決勝まで
7月10日 68キロ級8人トーナメント準決勝まで
7月17日 7キロ級8人トーナメント準決勝まで
7月24日 中日各階級決勝戦

8月末 中日泰・三カ国アジアチャンピオン決定戦

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie