この星の格闘技を追いかける

【TTF Challenge04】古間木崇宏、服部破りTTFC4連勝

Furumaki【写真】テイクダウンを決め続けた古間木が、服部から判定勝ちを収めた(C)TAKUMI NAKAMURA

<バンタム級/5分2R+exR>
古間木崇宏(日本)
Def.3-0:20-18, 20-18, 20-18
服部賢大(日本)

右を振るった服部、組み合いになり古間木がテイクダウンを奪う。服部はバタフライガードに。古間木は起き上がって足を捌きパウンドを狙う。ここにスクランブルの展開となり、服部が立ち上がるが、古間木は四つ組みからヒザをボディに入れ、そのまま払い腰で2度目のテイクダウンに成功する。ハーフからトップコントロールの古間木に対し、服部は下からパンチを入れる、立ち上がった古間木がローから勢いのある左のパウンドを落とすと、服部の立ち上がり際に右ストレートをヒットさせる。服部は右ハイをキャッチされ、組みつかれ小外掛けで3度目のテイクダウンを許してしまう。ブリッジから上を取った服部だが効果的なパンチを残す時間は残されていなかった。

2R、右の相内から組んだ古間木が小外掛け。これは耐えた服部だが、ハイキックを放つと倒される。すぐに立ち上がった服部だが、払い腰で豪快に投げられる。古間木はそのままマウントの態勢になる。ブリッジでトップを取った服部、直後に古間木がスタンドへ戻る。残り3分、またも払い腰で投げられた服部は立ち上がって左を伸ばすが、逆に右のショートを被弾する。それでも左フックを打ち込んだ服部、古間木は突っ込みながら足を払ってまたもテイクダウン。足関狙いのような形からスイープで上になった服部だったが、古間木を押さえつけることはできずスタンドに戻られる。残り1分を切って、服部がボディロックからテイクダウンも古間木は、抜群の立ち力を見せ、最後も大内刈りで服部を倒し、タイムアップを迎えた。結果、古間木がTTM Challenge4連勝となる3-0の判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie