この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX14】ライアン・ベイダーがフィル・デイビスとのランカー対決でスプリット判定勝ち

<ライトヘビー級/5分3R>
ライアン・ベイダー(米国/7位)
Def.2-1:29-28, 29-28, 28-29
フィル・デイビス(米国/5位)

左ジャブを伸ばすベイダー、足を使うデイビス。デイビスも左ジャブを伸ばし、ベイダーがローキックを見せる。ベイダーが左フックをヒット、続くパンチをバックステップでかわしたデイビスが組みつきに行く。スプロールからヒザを入れたデイビスは、テイクダウンを許さない。続いて、ベイダーが離れて左ジャブを伸ばす。デイビスはテイクダウンのフェイントから右を打ち込む。デイビスの前蹴りに左ジャブ、左ローには右フックをベイダーが合わせていく。ともにレンジの外から打撃を入れ、直後に離れるという戦略をもって戦っており、接近戦は一瞬にしか見られない。再びテイクダウンのフェイントから右オーバーハンドを見せたデイビスだが、これはベイダーが見切っている。残り15秒、左ミドルをベイダーが入れた。

2R、ジャブが交錯し、ベイダーが前へ。デイビスのダブルレッグをいなして、逆にケージに押し込んでいく。離れ際に右エルボーを放ったベイダーに対し、デイビスは左ハイ。続くテイクダウン狙いはスプロールされるが、高さを変えた攻撃、組と打撃のコンビネーションでベイダーを削りにかかる。ベイダーは空振りした右アッパーの直後に左ストレートをヒットさせる。残り2分、引き続きテイクダウンを切られたデイビスだったが、逆にベイダーのシングルを防ぎ、バックを窺う。胸を合わせた両者、デイビスが押し込みボディにヒザを突き上げる。このままデイビスがベイダーをケージに釘付けにして2Rが終わった。

最終回、ベイダーがまずは左ミドルを当てることに成功する。デイビスはワンツーから組みを狙う。離れたベイダーは間合いをはかって左を伸ばすも、やや手数は少なくなったか。左フックを打ち込んだベイダーが、デイビスのテイクダウン狙いを切って、ヘッドロックから離れ際にはボディにヒザを見舞う。デイビスはローこそ入れるが、パンチのクリーンヒットはない。デイビスが右ストレートから右ローを決め、ローを連続する。残り1分、左足を動きが少なくなったベイダーだったが、デイビスのテイクダウン狙いをかわしてバックへ、そのまま後方へ投げ捨てる。先に起き上がったデイビスが逆にバックを取りに行ったところで試合終了となった。一進一退の攻防はスプリットでベイダーが勝利を掴んだ。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie