この星の格闘技を追いかける

【Affliction】バーネットが必死のパウンド、勝利を掴む

2009.01.25

Barnett(C)GONG KAKUTOGI■第9試合ヘビー級/5分3R
ジョシュ・バーネット(米国)
Def.3R3分5秒/TKO
ギルバート・アイブル(オランダ)

【写真】スタンドの攻防でパンチをもらったシーンは少なかったが、かなり傷が残っていたジョシュ・バーネット (C)GONG KAKUTOGI

大きな声援で迎えられたバーネットは、プレッシャーを与えながらも前進。右ローを放ったアイブルが続いて左ハイを蹴り上げたが、これをキャッチしてテイクダウンに成功した。

ハーフガードから、全く足が利いていないアイブルに対し、パウンドで攻めたバーネットは、ボディから顔面、鉄槌と攻撃の手を緩めずアームロックを仕掛けた。


最初の関節技の仕掛けは逃げられ、二度目のアームロックではエスケープに成功したが、立ち上がることはままならず、再び左腕をとられてしまったアイブル。そのままマウントに移行したバーネットは、パウンドの連打からエルボーをアイブルの顔面に落としていく。

さらに、体を起こし体勢を変えようとしたアイブルの試みを遮断すると、強烈なパンチ、エルボーを落としたが、アイブルが股をくぐり、この危機的シーンを脱すると、ここで1Rが終了した。

厳しい攻めを見せたバーネットに、生き延びたアイブル。2Rに入ると、アイブルの左ミドルがいきなりヒット。たまらず組み付いたバーネットはテイクダウンを奪うと、簡単にサイドを奪取し、アームロックを狙いつつ腕十字のベースを作り始めたが、ハーフに戻され、再びアームロックへ。ヒザを押し、マウントを狙うバーネットは、アイブルのガードからのパンチを数発受けてしまったが、かまわずマウントへ移行した。

ブリッジを潰し、細かいパウンドをスピーディーに落とすバーネットに、アイブルの下からの拳は届かない。慎重に攻めるバーネットは、残り時間1分をきっても、関節技でなくエルボーで攻めていく。

アイブルの下からのパンチに歓声があがる場内。右のエルボーを落とすバーネットは、残り20秒をきって腕十字を仕掛けるが、ここでトップを奪うことに成功したアイブルが、パウンドを狙ったところでこのラウンドも終了となった。

思いもしなかった3R突入。アイブルはパンチのコンビネーションが火を吹く。必死の形相でテイクダウンを奪ったバーネットは、ここでもマウントを奪取。エルボー&パウンドを落としたが、手首をつかんで必死に逃げるアイブル。マウントキープのバーネットにブーイングも起こる。

残り時間2分、バーネットはパウンドの勢いが増し、背中を向けそうになったアイブルがついにタップアウト。思うように攻められなかったバーネットだったが、余裕をかなぐり捨ててパウンドを放つ姿は、ある意味新鮮だった。しかし、ヘビー級頂点対決へ歩を進められることができたとしても、やや不安の残る内容であったことも確かだ。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie