この星の格闘技を追いかける

【OFC23】バトラー、テイクダウン&トップキープでポターを削って判定勝利

<ライトヘビー級/5分3R>
ジェイク・バトラー(米国)
Def.3-0
シルヴェイン・ポター(フランス)

バトラーはサウスポーのポターに右の前蹴りと左フック。ポターがスーパーマンパンチを放つと、そこにダブルレッグを合わせるような形でテイクダウンする。ポターが脇を差して立ち上がろうとすると、バトラーはポターの首を左手で抱え、右腕を股の間に入れて抑え込み、顔面にヒザ蹴りを入れる。

ポターも首とヒザ蹴りを警戒しながらケージに移動して立ち上がるが、バトラーはポターをケージに押し込んで左アッパーを放ち、ブレイクが入る。再開後、バトラーが右ストレート、左フック、右の前蹴り。パンチを見せてインローにつなげ、左フックから組みつく。四つ組のバトラーがテイクダウンを狙うもポターは倒れずにブレイク。再開後、バトラーは前蹴りで距離を取り、右ストレートで飛び込むと、そのまま組みついてポターをケージまで押し込んだ。

2R、インローを蹴るバトラーがシングルレッグに入り、ポターをコントロール。ポターが尻餅をついた状態でケージに背中を預けて立ち上がろうとすると、バトラーは一気にマウントポジションを奪う。そこからバトラーはパンチとヒジを連打。逃げようとするポターを抑え込み、マウント、ハーフ、バックママウントから一方的に殴り続ける。

バトラーはバックポジションからポターの腕を首越しに固定し、がら空きの側頭部にパンチを打ち続けるが、レフェリーは試合続行を促す。残り25秒、ポターが何とか立ち上がり、バトラーがケージに押し込んだ状態になったところでブレイク。最後はお互いに攻撃することなくラウンド終了のゴングを聞いた。

3R、ここもバトラーがインローを蹴って距離を測り、シングルレッグで組みつく。ブレイク後、シングルレッグに入るバトラーが離れ際に右ミドル、ここもバトラーがケージに押し込んだ状態でブレイクになる。再開後、ポターがバトラーのシングルを切って4点ヒザを入れる場面があったが、バトラーにケージまで押し込まれると動きが止まってブレイク。

再びポターがバトラーのシングルを切って4点ヒザを入れる展開になり、ケージ際で四つ組みの攻防になるとバトラーがテイクダウンする。何とか立ち上がるポターだったが、バトラーのクリンチから脱出することが出来ず。2Rにポターを一方的に攻め続けたバトラーが文句なしの判定勝利を収めた。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN