この星の格闘技を追いかける

【UFC FX05】エレンバーガーが僅差の判定でヒエロンにリベンジ成功

2012.10.06

<ウェルター級/5分3R>
ジェイク・エレンバーガー(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
ジェイ・ヒエロン(米国)

距離を取るヒエロン、エレンバーガーが低く構えると左ハイを見せる。手数が極端に少ない序盤戦、ヒエロンは左ローと後ろ回し蹴りを見せ、直後に両者の左ジャブが交錯する。エレンバーガーの右ストレートをダッキングでかわしたヒエロンは、左ジャブを伸ばし、ローにつなげる。

左アッパーからフックを見せたエレンバーガーは、距離が近づくとスピードに乗ったショートアッパーから連打を繰り出す。ヒエロンは左ハイから後ろ回し蹴りを見せるも、これは距離が合わない。残り90秒、シングルレッグに出たヒエロンだが片足で大きくジャンプするようにテイクダウンを防ぎ、逆にヒエロンがバランスを崩す。

なかなか自分の距離が作れないヒエロンは、スピニングバックフィストをミスするもエレンバーガーのストレートは徹底してかわし1Rを戦い終えた。2R、エレンバーガーの右に左フックをカウンターで合わせたヒエロン。再び両者のジャブが交錯すると、エレンバーガーが低い姿勢のヒエロンにアッパーを見せる。

そのヒエロンのシングルレッグを防いだエレンバーガーが、残り3分で逆にテイクダウンを奪うことに成功する。細かいエルボーとパウンドで鼻の付け根を流血したヒエロンだが、大きなパンチを受けることなくスタンドに戻る。そのヒエロン、左ハイ、左前蹴り、さらにローと蹴り技を多用するも、なかなか距離を詰められない。再びスピニングバックフィスト空振りしたヒエロン、ここでも左ハイ、右ローと蹴り技を見せる展開に。このまま、二人の距離が縮まらないまま2Rも終了した。

最終回、低い姿勢のエレンバーガーは右ストレートを伸ばして、すぐにヒエロンの脇をすり抜けるように角度をつけてステップを踏む。ヒエロンの左ローが股間に入り、試合が一旦中断するもすぐに再開し、ヒエロンが左ジャブで前に出る。

やや距離が近くなると、ヒエロンの蹴り終りにエレンバーガーがダブルレッグを見せるも、ヒエロンもケージまで押し込まれながらも倒されることはない。サウスポーの構えにスイッチしたエレンバーガーだが、すぐにオーソに戻し右ローを蹴り込む。ヒエロンのジャブ、ハイは届かず、エレンバーガーの右ローがその前足にヒットする。

ヒエロンの右ローにテイクダウンを合せたエレンバーガー、これを切ったヒエロンは鼻を気にすることが多くなる。残り1分、エレンバーガーのテイクダウンをスプロールしたヒエロンだが、前にはなかなか出ない。エレンバーガーが距離を詰めると、左ハイで突き放したヒエロンはそのまま距離を取って戦うが、最後にバランスを崩すシーンも。

7年振りのオクタゴンとなったヒエロンは、エレンバーガーの攻撃を封じたという見方もできるが、結局のところはこの間、UFCから声が掛からなかった安全圏ファイトに終始したという印象を残した。結果、ジャッジ3者が29-28でエレンバーガーが勝利し、微妙な試合内容ながら6年半前のリベンジに成功した。

PR
PR

関連記事

Movie