この星の格闘技を追いかける

【UFN43】末恐ろしい19歳、ジェイク・マシューズがUFCデビューV

2014.06.28

<ライト級/5分3R>
ジェイク・マシューズ(豪州)
Def.3R3分16秒by 三角絞め
ダション・ジョンソン(米国)

7勝0敗――19歳でオクタゴン初陣を迎えたマシューズ、対するジョンソンも9勝0敗でUFC初戦に挑む。マシューズの右フックをダッキングでかわし、そのままダブルレッグを狙ったジョンソン。マシューズは脇を差し返し、ジョンソンをケージに押し込む。シングルレッグからバックに回ろうとしたマシューズに対し、胸を合わせたジョンソンがギロチンを仕掛ける。

ガードを取ったジョンソン、マシューズは頭を抜いて勢いのあるパウンドを連続で落す。凄まじい勢いで右エルボーを続けるマシューズ、ジョンソンが左眉の辺りをカットする。マシューズはパスしサイドから上四方へ移動し、さらにサイドに戻るとボディにニー、顔面に左エルボーを見舞っていく。左ワキをすくい腕十字を狙ったマシューズ。ジョンソンが察知し、体は反転させて足を取りに行く。ここもしっかりと対処したマシューズがパンチを落しながらラウンド終了を迎えた。

2R、マシューズはワンツーを打ち込みながら前に出る。ジョンソンも右アッパーを振り回す。組んだマシューズががぶりからヒザを入れ、シングルからダブルへ。と、ジョンソンが直角にエルボーを後頭部に落す。勢いはなかったが連続でエルボーを入れたことで、ジョンソンにペナルティが与えられる。再開後、マシューズは左ミドルを入れ、右ストレートを下がるジョンソンに放っていく。右腕を差して組みついたマシューズが、ダブルレッグでテイクダウンを狙う。

ケージを背にして耐えたジョンソンだが、ボディコントロールからヒザがマットに着くまで姿勢を乱される。ケージを掴んで耐えたジョンソンが、スイッチでマシューズのバランスを崩す。マシューズは上体を起こし、ジョンソンをケージに押し込む。残り30秒、ダブルレッグでついにジョンソンに尻餅をつかせると、マシューズは左へパス。脇を抱えるジョンソンはほぼ攻勢点のないまま最終回に臨むことに。

3R、左ジャブをトリプルで伸ばしプレッシャーを与えるマシューズ。ジョンソンもアッパーからフックを見せる。さらに右オーバーハンドを見せたジョンソンは、左アッパーを続ける。ボディへのフックからがぶったマシューズは、首を取ったまま後方回転しマウントを取る。腰にしがみつくジョンソンにエルボーを入れ、頭をマットに着けたところでエルボー&マウントを落す。背中を見せたジョンソンにRNC、さらに攻防から思い切り振りかぶったパウンドを落す。ジョンソンは背中を伸ばされ、パンチを引き続き受ける。亀に戻ったジョンソンは、後方に倒れ込もうとしたマシューズに対し胸を合わせトップを取る。その刹那、マシューズは左手首を掴んで三角絞めに。腰の位置を入れ替えると、ジョンソンがたまらずタップした。

立って良し、テイクダウンからの流れ、寝技も極めまで持ちこめる。さらに強烈なパウンドを持つジェイク・マシューズ。ローリー・マクドナルドを凌駕する素質を見せつけたティーンエイジャー、末恐ろしいファイターがUFCデビューを果たした。

PR
PR

関連記事

Movie