この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】割れたジャッジ、本人も驚くバレル判定勝ち

<ウェルター級/5分3R>
ナフション・バレル(米国)
Def.2-1:29-28, 29-28, 28-29
ジェイムス・テリー(米国)

左を伸ばしたテリー、ローが急所をかすめるが、問題なく試合は続けられる。右を打ちこんだバレル、テリーも右を返していく。左ジャブを連打するバレルに対し、テリーは組みついてケージに押し込んでいく。そのままテイクダウンに成功したテリーは、バレルを立たせないよう腰をコントロールしていく。

尻餅状態から、背中をマットにつけたバレルにテリーは右をパンチを落すも、潜られて立ち上がることを許す。直後にシングルレッグでテイクダウンを奪い、マウントを取ったテリーだが、バレルは腰を押して隙間を作ると立ち上がっていく。


無理をせず、流れるような動きでバックに回り込んだテリーは、正面に回り込んでハイクラウチから、ダブルレッグ、再びハイクラウチへ移行。最後は、スイッチしバレルの左足を引抜いてテイクダウンする。バレルは懸命に立ち上がったが、テイクダウン→立ち上がるという展開にかなり削られた模様だ。

2R、左ボディストレートから右を見せたテリー。バレルは右アッパーを返していく。打撃戦ではバレルに部があるが、テリーは右ストレートから組みついてリフトからテイクダウンに成功する。潜るバレルをがぶって、バックに回ったテリー、胸を合わせたバレルがヒザを突き上げる。

と、ここでテリーは左ジャブから、右フックを打ちこみ打撃戦でも行けるところを見せる。バレルは右ローから、右ストレートをヒットさせる。右が大振りになったテリーに、ヒザやパンチを打ちこんだバレルは、左フックを振るうが、テリーは組みついてドライブ。シングルレッグで再びテイクダウンを奪い2Rが終了となる。

最終回、左リードジャブを武器に前に出るバレル。距離を取るテリーだが、左フックから右アッパーを受ける。組みつこうとして、さらにパンチを受けたテリーは、さらにヒザをボディに食らってしまう。

スピードが落ちたテリーに、左フックをヒットさせたバレルは、続けて左アッパーを見せる。距離を取って下がるテリーに、左フック、ヒザ蹴り、フライングニー、組んでエルボーと猛攻を見せるバレル。距離をとって逃げ切りを図ったテリーは、その気持ちの持ちようが悪い方向へ動いたが、距離を取るのではなく下がる一方に。

2Rまでテイクダウンの仕掛けで、スタミナをロスしたテリーは、2ポイントを失いかねない最終回となる。残り1分を切っても、パンチを受けながら下がり続けるテリーが、残り30秒で組みついてテイクダウンへ。打撃で猛攻を仕掛けたバレルもまた、スタミナを切らしており、一度下になると動けない。

このまま試合はタイムアップを迎えると、バレルはヒザをついたまましばらく立ち上がられないほど消耗していた。1R&2Rのテリーの連続テイクダウンと、最終回のバレルの圧倒的なスタンドでの優位性をジャッジがどのように判断するか。スプリットとコールされた試合は、バレルが29-28を二票獲得し、本人も勝利のコールに驚いたような表情を浮かべた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY