この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】HIROKO不敵な笑み。メレはNOバスタオル

【写真】クリスチャン・サイボーグと向かい合ったHIROKO。身長&リーチでは王者を大きく上回る (C) masterjapan

16日(金・現地時間)、17日(土・同)にサンディエゴのヴァレービューカジノ・センターで行われるStrikeforce「Melendez vs Masvidal」の公開計量が行われた。

メインでストライクフォース世界ライト級王座防衛戦を行うギルバート・メレンデスは、恒例といえるバスタオルのガードを必要とせず、リミット丁度でパス。挑戦者のホルヘ・マスヴィダルも155ポンドで計量を終えている。

セミでクリスチャン・サイボーグの持つ女子フェザー級王座に挑むHIROKOも、しっかりと体重を落とし、リミット上限でパス。計量後に王者サイボーグと向かい合うと、身長と同様に表情でも見下すように、不敵な笑みを浮かべていた。サイボーグ相手に厳しい戦いが予想されるが、理想論をいえばワキを許さず、無理やり首相撲にきたところにヒジを入れて、テイクダウンを奪いたい。


それには打撃のプレッシャーに負けて下がらないこと。一発の強さはHIROKOも十分なものがあるだけに、健闘を期待したい。

なお、アンダーカードのウェルター級戦で、ロジャー・ボウリングと対戦するシェロン・ピープルズは180.5ポンドと、常識では考えられない10ポンド以上のオーバー。結局179ポンドのキャッチウェイトで戦うことになったが、前代未聞の計量失敗。倫理的、そして安全性を考慮しても、このようなファイターをケージに入れて良いものか疑問が残る。

■Strikeforce 主要試合の計量結果

<Strikeforce世界ライト級選手権試合/5分5R>
[王者]ギルバート・メレンデス:155ポンド(70.3キロ)
[挑戦者]ホルヘ・マスヴィダル:155ポンド(70.3キロ)

<Strikeforce女子フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者]クリス・サイボーグ:145ポンド(65.77キロ)
[挑戦者]HIROKO:145ポンド(65.77キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ゲガール・ムサシ:206ポンド(93.44キロ)
オヴァンス・サンプレー:206ポンド(93.44キロ)

<ライト級/5分3R>
KJ・ヌーン:156ポンド(70.76キロ)
ビリー・エヴァンゲリスタ:156ポンド(70.76キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ジェロン・ピープルス:180.5ポンド(81.87キロ)
ロジャー・ボウリング:170ポンド(77.11キロ)

<ライト級/5分3R>
カルロス・フォドー:156ポンド(70.76キロ)
ジャスティン・ウィルコックス:156ポンド(70.76キロ)

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie