この星の格闘技を追いかける

【BFC59】パトリッキー、50秒で勝利。ペレグリーノは引退

2011.11.27

<ライト級/5分3R>
パトリッキー・フレイレ(ブラジル)
Def.1R0分50秒by TKO
カート・ペレグリーノ(米国)

一度はMMA引退を決意したものの、復帰を決意したペレグリーノのBFCデビュー戦。まずは様子見の両者、距離を取って相手の出方を伺う。左ストレートを打ちこんだペレグリーノだが、パトリッキーの左から右ストレートでアゴを打ち抜かれ、前方に崩れ落ちる。

そのままパウンドを落すパトリッキーに対し、ペレグリーノは懸命にシングルレッグを仕掛けたが、腕をクロスフィックで固められパウンドで動きが止まる。ここでレフェリーが試合をストップし、注目の一戦は僅か50秒、一瞬の交錯でパトリッキー・フレイレに凱歌が上がった。


ストップが早いとブーイングを送るファンを前にして、勝者は「彼の地元での試合だしブーイングは覚悟していた。でも、この試合の機会を与えてくれたペレグリーノに感謝している。チャンドラー戦? 次のトーナメントに参加して、強く成り続ける」と語った。

一方のペレグリーノは「僕の明確な負けだ。ここアトランティックシティでデビューし、ここで最後の試合を戦えた」と、改めて引退を口にした。

PR
PR

関連記事

Movie