この星の格闘技を追いかける

【Challengers19】ATT入りしたハイ、テイクダウンで圧倒

<ウェルター級/5分3R>
ジェイソン・ハイ(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、30-27
トッド・ムーア(米国)

パンチのプレシャーを与えるハイは、右フックを決め、テイクダウンに成功する。そのままハーフガードの状態で肩固めを見せたハイは、パンチを落としながらも、フィニッシュの機会をうかがう。ハーフガードのままトップをキープしたいハイに対し、腰を押しエビを使うムーアだが、隙間を作れず立ち上がることができない。

バタフライガードからハイを浮かしたムーアは、パウンドを浴びてクローズドガードに戻す。ムーアはテッポウからブリッジするが、直後にハイがパスガードに成功し、マウントを奪う。パウンドを落とし、暴れるムーアを抑えるハイは、ハーフガードから左エルボーを落とし、圧倒的に支配した5分を戦い終えた。


2R、パンチの牽制からローを出したムーアだが、この右足がハイの急所をヒットする。中断後、ハイはシングルレッグから再びテイクダウン。ATTに入り、テイクダウン能力が格段に上がったハイだが、ムーアもここでリバーサルに成功、トップを奪い返す。立ち上がろうとしたハイからバックを奪いにかかったムーアは、前方に落とされ再びガードを強いられると残り30秒、パウンドを落とし続けたハイが2Rも制した。

最終回、開始早々にダブルレッグを決めたハイに、ムーアは腕十字を仕掛けるも、すぐに察知され足を一本抜かれる。ケージにムーアを詰めて、攻め込むハイ。ムーアは右耳の後ろをカットし、肩口が鮮血で染まっている。

尻もちをついているムーアのボディにヒザを蹴り込むハイ。ムーアはバタフライガードの態勢になるも、すぐに背中をつけパウンドを受ける展開が続く。そのまま最後までトップをキープし続けたハイ。ムーアもクローズドガードで固めたため、試合はそのまま動きがないまま終了した。

結果、リングアナが勝者のコールを間違えるというアクシデントがあったが、ハイが文句なしのフルマークで判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie