この星の格闘技を追いかける

【It’s Showtime】速さ=ボウスタティが、力=メダー封じる

2011.05.22

<70キロ級/3分3R>
ハフィド・エル・ボウスタティ(オランダ)
Def.判定5-0
モハメド・メダー(オランダ)

左右のローから、ヒザを見せるボウスタティ、メダーの思い切りの良い右は空振りに。ボウスタティに攻撃させておいて、ディフェンスに徹し、その後に重く速いパンチを見せるメダー。ボウスタティはスピードで勝負、フライングニーを見せる。メダーが左フック、右ヒザ、右ハイで前に出ると、ボウスタティが打ち返してきたところで、さらに左を打ち込む。

動きが一瞬止まったボウスタティに、再び左を打ち込んだメダー。左ハイをよけてからの右はまたも空振りになるも直後の左をヒットさせて初回が終わる。


2R、ローから左、さらにローを重ねるメダー。ボウスタティは左の連打から左右のフック、首相撲からヒザと間断なく攻撃を見せる。右を伸ばし、ボディへのヒザでメダーを後退させたボウスタティ。メダーも負けじと左から前に出るも、ボウスタティの勢いは止められない。左フック、左ロー、ヒザ、左ストレートと、メダーの意識が届かない場所に攻撃を散らすボウスタティ。メダーも単発ながら伸びのある左をヒットさせる。

一進一退の攻防が続き、試合は最終ラウンドへ。メダーの左を避けながら、左ボディの連打と右ローを打ち込んだボウスタティ。さらに右ミドルから右ハイと攻撃を続ける。続けてウェービングから強烈な左を見せたボウスタティは、前に出るメダーに対し下がりつつカウンター、前に出てラッシュを掛け、攻撃の手を弛めない。

左ヒザをボディに蹴り込み、右フックを連打したボウスタティが、メダーをコーナーに押し込む。メダーもパンチやローを繰り出すが、連続攻撃とならず、単発に終わってしまう。そのままボウスタティのハイペースの動きが続き、メダーは彼を切り崩せないまま試合終了を迎えた。

結果、ジャッジは5-0でボウスタティの勝利を支持。スピードでメダーを圧倒した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie