この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】マルースが辛くも女子王座防衛に成功

■SF女子世界ウエルター級選手権試合/5分5R
[王者]マルース・クーネン(オランダ)
Def.4R1分29秒 by 三角絞め
[挑戦者]リズ・カモーシェ(米国)

【写真】4Rの長丁場を一本勝ちで制したクーネン。試合後は代役カモーシェのファイトを称えた(提供)格闘技ESPN

ミーシャ・テイトの負傷により、代役リズ・カモーシェの挑戦を受けることとなった世界女子ウエルター級王者マルース・クーネン。まずは左ローを見せたマルース。カモーシェのローにパンチを合わせようとする。右ローから、右ストレートをヒットさせたマルースだが、深追いはしない。

ローを連続で蹴り込み、カモーシェが前に出てくると右を打ち込む王者が立ち上がりのペースを掴む。カモーシェのローに再び、ローを蹴り込んだマルースは、テイクダウンにいくしぐさは見せない。振りの大きなマルースのパンチを冷静にかわすカモーシェもローを受け続ける。

距離を詰めて組みついたマルースは首相撲の態勢になるが、逆にケージへと押し込まれる。体勢を入れかえ続ける両者。踏みつけ繰り返したが動きは少ない。ここでレフェリーはブレイクを命じ、試合はスタンドで再開。左ローから左ジャブ、左ハイを見せたマルースだが、ハイの距離は合っていない。

残り時間僅かとなった時点で、マルースの前蹴りに負けじとカモーシェが組みついたところで初回終了。右目の下を腫らした王者は、引き続きローを続ける。ショートフックを振るいながら真っ直ぐ下がるにマルースに組みついたカモーシェ。ケージに押し込もうとするが、直後にマルースが体勢を入れ替える。


マルースの首相撲に低い姿勢でダブルレッグを仕掛けたカモーシェは、ギロチンに合わせてテイクダウンに成功。クローズドガードを取るマルースはケージを蹴って腕十字へ。これを引き抜いたカモーシェが、重いパウンドを2発打ち抜く。足を払ってパスに成功したカモーシェがサイドからヒザをボディーに蹴り込む。

カモーシェがマウントへ移ろうとするところで、マルースがヒールフックを見せる。これを察知したカモーシャがマウントへ。そのままパウンドを連打するカモーシェ。王者の動きが止まる。シザースを潰されたマルースは、残り20秒、パウンドを受けたままラウンド終了を待った。

3R、すぐに組みついたカモーシェ。ケージ際で一度、二度と体勢を入れ替える。エルボーを見せた王者にカモーシェは構わず胸を合わせていく。互いに姿勢を崩しそうになりながら、ケージを背に耐える攻防が続くと、カモーシャがテイクダウンからサイドへ。

カモーシェが再びマウントを奪う。残り2分、マルースはブリッジ、シザースが潰されてしまい、パンチを受ける。カモーシェがマルースの右腕を取ってパウンドを落す。胸の上に乗って万全の体勢からパンチを落すが、やや勢いがない。残り20秒、回転数が上がったカモーシェのパウンドだったが、ここでも王者はタイムアップまで耐えきった。

4R、すぐに組みついたカモーシェだが、上を取ったのはマルース。カモーシェのラバーガードを抜け、立ち上がってローを蹴り込もうとしたところ、シッティングからシングルレッグを仕掛けられた。またもテイクダウンを奪われたマルースだったが三角絞めへ。体重を浴びせて隙間を作ろうとしたカモーシェに対して、巧みに体を横向きに入れ替えて足を組み直し、タップを奪った

試合後、マルースは「みんなに彼女のことを心の底から尊敬してほしい。彼女は将来のチャンピオンだわ。ストライクフォースに、女子MMAの試合を組んでくれて感謝しています」と、ホッとした表情を浮かべた。

<MMA情報モバイルサイト=格闘技ESPN>
世界の格闘技情報を網羅、配信するモバイルサイト「格闘技ESPN」。米MMAサイト「SHERDOG.com」の日本語ニュースやコラム、ランキング、各種待受画像など充実のラインナップ!
PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie