この星の格闘技を追いかける

【UFC LIVE】カスティーロ、UFC初戦を判定勝利で飾る

2011.03.04

■ライト級/5分3R
ダニー・カスティーロ(米国)
Def.判定3-0
ジョー・スティーブンソン(米国)

左ジャブから前に出るスティーブンソン、右ミドルでストップにかかるカスティーロ。スティーブンソンのテイクダウン狙いに対し、カスティーロはフライングニーから、シングルレッグを仕掛ける。ギロチンこそ崩れたスティーブンソンだが、そのままケージに詰めてダブルレッグからリフトアップ、豪快にテイクダウンを奪う。

そのままサイドを取ったスティーブンソンだが、カスティーロは鉄砲で返し、立ち上がってケージまでドライブ。ギロチンで応えたスティーブンソンを、スラムで叩きつけたカスティーロがトップを奪う。再度、ギロチンを狙ったスティーブンソンだが仕掛けが強引で、首を引抜かれると同時に立ち上がられてしまう。


続くスタンドの攻防でテイクダウンを奪ったのはカスティーロだったが、抑え込むには至らず立ち上がられてしまう。残り1分を切ったスタンドの攻防では、カスティーロが左フックから右ストレート、さらに左をヒットさせ、スティーブンソンが棒立ちになる場面も。スティーブンソンも組みついてヒザ蹴りを見せたが、テイクダウンの攻防でスタミナを失った可能性もある。

2R、スーパーマンパンチから左フックを振るうカスティーロ。左ジャブ、右ストレートを伸ばし、スティーブンソンに距離を作らせない。再び右ストレートから、左フックをヒットさせたカスティーロに対し、スティーブンソンはヒザをついてダブルレッグからテイクダウンへ。

カスティーロがハーフガードからフルガードに戻し、エルボーをガードから放っていく。インサイドガードでなかなか動きが取れないスティーブンソンは、スイープ狙いからバックを許してしまう。ヒザをついた状態で、カスティーロはヒザを頭に放ってしまい、注意が与えられ、試合はスタンドから再開に。

テイクダウンでスティーブンソン、パンチでカスティーロ。最終ラウンドは距離の取り合いから始まる。前に出るスティーブンソンをアッパーで牽制するカスティーロだが、やや距離が近く左フックを受ける。直後のテイクダウン狙いは切って、カスティーロは逆にギロチンを仕掛けた。ヒザをつけたまま、カスティーロをケージまで押し込んだスティーブンソンだが、脇を差しかえられるだけでなく、そのまま体を入れかえられてしまう。

スティーブンソンのボディにヒザを打ち込み、テイクダウンを奪ったのはカスティーロ。すぐに立ち上がったスティーブンソンだが、スタミナの消耗が激しい。直後にオクタゴン中央方向にカスティーロがテイクダウン、スティーブンソンはギロチンで迎え撃つが、もう威力はない。

立っては倒されるという自らの作戦をカスティーロに実行されたスティーブンソンは、バックを許し太ももにヒザを連打され、後方に大きく投げられる。マウントからパンチを落したカスティーロに対し、何とかスクランブルから立ち上がったスティーブンソンだったが、試合終了のホーンが鳴るや疲労困憊の表情を浮かべた。

結果、ジャッジの裁定は30-27、29-28、29-28でカスティーロが勝利。「ジャッジはWECファイターに厳しいから」という言葉は、ジョー・ローガンに否定されたカスティーロだが、否定のしようのない判定勝ちで、UFC初戦に勝利した。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie